月別アーカイブ: 2015年3月

2014年度研究助成金等の贈呈先決定

-鹿島学術振興財団-

当財団の2014年度の助成採択者が次の通り決定しました。 (1)研究助成は28件(新規17件と継続11件):合計3,700万円、(2)研究者交流援助は海外派遣2件:687万円と招聘1件:113万円、(3)国際学術交流援助は国際研究集会開催援助10件:合計500万円となっています。

2014年度の助成対象が決定

-住友財団-

当財団の2014年度の助成対象者が次の通り決定しました。
内訳は「文化財維持・修復事業助成」が42件(計6,978万円)、「海外の文化財維持・修復事業助成」が18件(計2,503万円と146,700米ドル)、「アジア諸国における日本関連研究助成」が83件(計3,373万円と218,900米ドル)となっています。

平成27年度助成対象者および奨学生決定

-ヤマハ発動機スポーツ振興財団-

当財団は、1.スポーツチャレンジ体験助成(スポーツ関連分野から、具体的な目標に向かって自己のスキル向上にチャレンジする体験活動を助成)、2.スポーツチャレンジ研究助成(医学、人文・社会科学系など幅広い分野でのスポーツに関連する研究を助成)、3.スポーツチャレンジNEXT(次世代を担い、高い志、明確な目的目標、そして具体的プロセスを持ったチャレンジスピリット、フロンティアスピリットあふれるアスリートを助成)及び4.国際スポーツ奨学金(スポーツに関わる学問研究を目的とする留学生に奨学金を給与)の事業を行っています。
平成27年度は、スポーツチャレンジ体験助成が14件、スポーツチャレンジ研究助成が11件、スポーツチャレンジNEXTが3件及び国際スポーツ奨学金が6名に決定しました。

平成27年度助成金贈呈団体の決定

-三菱UFJ信託地域文化財団-

当財団は、地域文化の振興に貢献する活動を行っている音楽・美術展・演劇・伝統芸能の4部門の団体に対して助成しています。
平成27年度は、音楽20件・美術展11件・演劇11件・伝統芸能11件の合計53件(総額2,000万円)を贈呈団体として決定しました。

3/18(水)「非営利団体のためのファンドレイジング(資金調達)セミナー」開催 

-公益法人協会-

近年、社会の役に立ちたいという人は、7割近くに達すると言われ、社会貢献の一つの手段としてのファンドレイジングへの関心もますます高まっています。遺贈や相続財産の寄附など私たちもいつその受け手にもなるかもしれず、無関心ではいられません。

寄附の受け手としての心構えやどのようなことに留意すればよいか。また、寄附社会にむけて戦略的なファンドレイジングに取り組むには。

まずは、今セミナーをきっかけにファンドレイジングに関心を持っていただければと思います。ふるってのご参加をお待ちしております。

セミナー詳細・お申込みについては下記URLをご参照ください。
http://www.kohokyo.or.jp/cgi-bin/seminar_cgi/seminar01.cgi?201

2015年度研究助成対象者の決定

-日工組社会安全財団-

当財団では、社会安全に関する実証的研究を対象に研究助成を実施しています。
2015年度は一般研究(個人またはグループの研究)5件、若手研究(35歳以下の個人研究)4件への助成が決定しました。

2015年度安全事業助成対象事業の決定

-日工組社会安全財団-

当財団では、犯罪と関わりなく安全かつ安心して生活できる社会の実現を目指し、同じ志を持つ人々の活動に助成しております。
2015年度は、広域安全21事業、県域安全12事業への助成が決定しました。