2018年(第34回)日本国際賞授賞式を開催

-国際科学技術財団-

2018年(第34回)日本国際賞は、「資源・エネルギー、環境、社会基盤」分野では、「リチウムイオン電池の開発」により吉野彰博士が、「医学、薬学」分野では、「Bリンパ球・Tリンパ球系列の発見とそれがもたらした疾患の病態解明と治療法開発」にマックス・クーパー博士とジャックk・ミラー博士が選ばれました。受賞者には、賞状、賞牌および賞金5,000万円が贈られました。授賞式は、天皇皇后両陛下ご臨席のもと行われました。