第34回京都賞授賞式を開催

-稲盛財団-

この賞は科学や文明の発展、また人類の精神的深化・高揚に著しく貢献した方の功績を讃える国際賞です。
本年度は、先端技術部門では「光遺伝学の創成と因果関係を証明するシステム神経科学の展開」のカール・ダイセロス氏(アメリカ/神経科学者、スタンフォード大学教授)、基礎科学部門は「現代数学諸分野への多大な貢献:D加群の理論の基礎からの展開」の柏原 正樹氏(日本/数学者、京都大学数理解析研究所特任教授)、思想・芸術部門は「パフォーマンスとニューメディアを融合させた新しい芸術表現の先駆者であり、50年にわたり現代美術の最先端を走り続ける芸術家」でジョーン・ジョナス氏(アメリカ/美術家、マサチューセッツ工科大学名誉教授)ら3人が受賞されました。
https://www.kyotoprize.org/