2019年度三島海雲学術賞・学術研究奨励金贈呈式並びに受賞後援会を開催

-三島海雲記念財団-

第8回三島海雲学術賞は、自然科学部門(食の科学)は2名、人文科学部門(アジア地域の歴史・人文科学)1名、計3名に贈呈されました。贈呈後、受賞者3名による受賞講演会が開催されました。受賞された3名は以下の通り。
加藤健太郎氏(東北大学大学院農学研究科教授)「食の安全を脅かす人獣共通感染症の疾病予防に関する研究」
樽野陽幸氏(京都府立医科大学大学院医学研究科教授)「味覚神経伝達の分子基盤に関する研究」
長縄宣博氏(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター・教授)「イスラームのロシア:帝国・宗教・公共圏1905-1917」
第57回三島学術奨励金は、共同研究2件、個人研究39件。人文科学部門は共同研究1件、個人研究21件が採択されました。
https://www.mishima-kaiun.or.jp/news/572019-1.html