月別アーカイブ: 2020年11月

2020年度C&C賞表彰式典を開催

-NEC C&C財団-

「C&C賞」は1985年に創設された賞で、情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術、およびこれらの融合する技術分野の開拓または研究、この分野の進歩がもたらす社会科学的研究活動に関し、顕著な貢献のあった方に授与されるものです。
今年度の表彰式典は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、贈呈式と受賞講演の模様をオンライン・ライブ配信することとなりました。
本年度の受賞者は、
グループA:村井 純氏(慶應義塾大学教授)、業績「日本におけるインターネット構築ならびに発展への先導的かつ社会的な貢献」
グループB:マイケル ストーンブレーカー博士(マサチューセッツ工科大学コンピュータサイエンス教授)、業績「リレーショナルデータベースシステムに関わる先駆的・先導的貢献」
https://www.candc.or.jp/kensyo/2020/2020_prize_cc.html

第12回 社会貢献環境学術賞 受賞者決定

-東急財団-

日本の環境分野において学術的かつ社会的に特に顕著な業績を挙げた研究者を顕彰しています。第12回は井田齊北里大学海洋生命科学部名誉教授に決定いたしました。
井田氏は、長年にわたりサケを中心とした 魚類の生活環境を研究して来られ、放流や捕獲に関する政策を水産行政に提案し、水産資源の確保に尽力されました。
https://foundation.tokyu.co.jp/information/enviroment/248

第12回 社会貢献環境学術賞 受賞者決定

-東急財団-

日本の環境分野において学術的かつ社会的に特に顕著な業績を挙げた研究者を顕彰しています。第12回は井田齊北里大学海洋生命科学部名誉教授に決定いたしました。
井田氏は、長年にわたりサケを中心とした 魚類の生活環境を研究して来られ、放流や捕獲に関する政策を水産行政に提案し、水産資源の確保に尽力されました。

令和2年度研究助成・財団賞選考結果

-三井住友海上福祉財団-

令和2年度国内研究助成として応募総数196件のうち33件を決定しました。また、優れた著作・論文に対し贈呈する「三井住友海上福祉財団賞」には22件の応募があり、財団賞・論文1点、財団奨励賞・論文と著作各1点への授賞を決定しました。なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、贈呈式は開催しませんでした。
当財団は「交通安全等部門」「高齢者福祉部門」の2部門で研究助成を実施しており、今年度は国内で総額3,255万円を助成します。併せて、海外(シンガポール、タイ、台湾)における研究助成として、応募総数33件のうち12件に対する助成も決定しております。
これにより、今年度の研究助成は、応募総数229件中45件、総額約3,850万円となり、当財団設立以来の助成実績は累計2,179件、24億68百万円に達しました。
研究助成先、財団賞授賞先の詳細は当財団ウェブサイトをご覧下さい。
https://www.ms-ins.com/welfare/)

研究助成金授与式・論文入賞表彰式を開催

-北野生涯教育振興会-

研究助成は、生涯教育の観点から調査、研究をしている人々(個人またはグループ)に対し、調査・研究費用の一部を助成しています。本年度は、10名を採択しました。
懸賞論文は、生涯教育への関心と啓蒙を図ることを目的に、その年の世相や話題を取り上げたテーマを決定し、原稿用紙10枚程度の論文を募集します。2020年度のテーマは「すぐそばにある『世界』」。入賞者は一席・堀山 有里子氏をはじめ、二席3名、三席5名となりました。
贈呈式は、コロナ感染防止を徹底したうえで、The Okura Tokyoにて行われました。
http://www.kitanozaidan.or.jp/

リカジョ育成フォーラム(オンライン)(11月13日開催)のご案内

-日産財団-

日産財団では、女子小中高生を対象に、理系に関する興味関心の向上や能力の育成を目的に活動されている団体・個人に『リカジョ育成賞(旧 リカジョ賞)』を褒賞して参りました。
今回のリカジョ育成フォーラムでは、受賞者お2人に加え、日産自動車の人事担当者を招いて、理系女子の育成・進路について、皆様のお悩みの一助となる情報をお届けします。

■日時:2020年11月13日 (金) 19:30~20:30
■参加費:無料
■出演者:1)和歌山信愛中学校高等学校 酒井 慎也 氏(第2回リカジョ賞グランプリ受賞者)
     2)東京大学 物性研究所 広報室 餅田  円 氏(第2回リカジョ賞準グランプリ受賞者)
     3)日産自動車株式会社 アライアンスR&D人事部 主担 谷口 圭一 氏
■対象:教育関係者・保護者・中学生~大学生
■定員:1,000名
■使用ツール:Zoom Webinarを使用
■参加方法:下記参加申込フォームに必要事項をご入力下さい。開催3日前と当日に視聴用URLを送信します。
https://www.nissan-zaidan.or.jp/information/200389/