2020年度C&C賞表彰式典を開催

-NEC C&C財団-

「C&C賞」は1985年に創設された賞で、情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術、およびこれらの融合する技術分野の開拓または研究、この分野の進歩がもたらす社会科学的研究活動に関し、顕著な貢献のあった方に授与されるものです。
今年度の表彰式典は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、贈呈式と受賞講演の模様をオンライン・ライブ配信することとなりました。
本年度の受賞者は、
グループA:村井 純氏(慶應義塾大学教授)、業績「日本におけるインターネット構築ならびに発展への先導的かつ社会的な貢献」
グループB:マイケル ストーンブレーカー博士(マサチューセッツ工科大学コンピュータサイエンス教授)、業績「リレーショナルデータベースシステムに関わる先駆的・先導的貢献」
https://www.candc.or.jp/kensyo/2020/2020_prize_cc.html