助成関連ニュース

第42回サントリー学芸賞の贈呈式開催

-サントリー文化財団-

この賞は、社会と文化を考える独創的で優れた研究、評論活動を著作を通じて行った個人を対象に顕彰するものです。
本年度は、「政治・経済部門」の塩出浩之氏:琉球大学教授(越境者の政治史)を始めとする「芸術・文学部門」「社会・風俗部門」「思想・歴史部門」の4部門で合計8名に同賞が贈呈されました。

2020年度の受賞者は以下の通り。
〔政治・経済部門〕
酒井 正(法政大学経済学部教授)
『日本のセーフティーネット格差 ―― 労働市場の変容と社会保険』(慶應義塾大学出版会)
詫摩 佳代(東京都立大学法学部教授)
『人類と病 ―― 国際政治から見る感染症と健康格差』(中央公論新社)
〔芸術・文学部門〕
李 賢晙(小樽商科大学言語センター准教授)
『「東洋」を踊る崔承喜(チェ・スンヒ)』(勉誠出版)
中嶋 泉(大阪大学大学院文学研究科准教授)
『アンチ・アクション ―― 日本戦後絵画と女性画家』(ブリュッケ)
〔社会・風俗部門〕
伊藤 亜紗(東京工業大学科学技術創成研究院未来の人類研究センター准教授)
『記憶する体』(春秋社)を中心として
志村 真幸(南方熊楠顕彰会理事、慶應義塾大学非常勤講師)
『南方熊楠のロンドン ―― 国際学術雑誌と近代科学の進歩』(慶應義塾大学出版会)
〔思想・歴史部門〕
梅澤 礼(富山大学人文学部准教授)
『囚人と狂気 ―― 一九世紀フランスの監獄・文学・社会』(法政大学出版局)
小山 俊樹(こやま としき)(帝京大学文学部教授)
『五・一五事件 ―― 海軍青年将校たちの「昭和維新」』(中央公論新社)

https://www.suntory.co.jp/news/article/13792-1.html

2020年度C&C賞表彰式典を開催

-NEC C&C財団-

「C&C賞」は1985年に創設された賞で、情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術、およびこれらの融合する技術分野の開拓または研究、この分野の進歩がもたらす社会科学的研究活動に関し、顕著な貢献のあった方に授与されるものです。
今年度の表彰式典は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、贈呈式と受賞講演の模様をオンライン・ライブ配信することとなりました。
本年度の受賞者は、
グループA:村井 純氏(慶應義塾大学教授)、業績「日本におけるインターネット構築ならびに発展への先導的かつ社会的な貢献」
グループB:マイケル ストーンブレーカー博士(マサチューセッツ工科大学コンピュータサイエンス教授)、業績「リレーショナルデータベースシステムに関わる先駆的・先導的貢献」
https://www.candc.or.jp/kensyo/2020/2020_prize_cc.html

令和2年度研究助成・財団賞選考結果

-三井住友海上福祉財団-

令和2年度国内研究助成として応募総数196件のうち33件を決定しました。また、優れた著作・論文に対し贈呈する「三井住友海上福祉財団賞」には22件の応募があり、財団賞・論文1点、財団奨励賞・論文と著作各1点への授賞を決定しました。なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、贈呈式は開催しませんでした。
当財団は「交通安全等部門」「高齢者福祉部門」の2部門で研究助成を実施しており、今年度は国内で総額3,255万円を助成します。併せて、海外(シンガポール、タイ、台湾)における研究助成として、応募総数33件のうち12件に対する助成も決定しております。
これにより、今年度の研究助成は、応募総数229件中45件、総額約3,850万円となり、当財団設立以来の助成実績は累計2,179件、24億68百万円に達しました。
研究助成先、財団賞授賞先の詳細は当財団ウェブサイトをご覧下さい。
https://www.ms-ins.com/welfare/)

研究助成金授与式・論文入賞表彰式を開催

-北野生涯教育振興会-

研究助成は、生涯教育の観点から調査、研究をしている人々(個人またはグループ)に対し、調査・研究費用の一部を助成しています。本年度は、10名を採択しました。
懸賞論文は、生涯教育への関心と啓蒙を図ることを目的に、その年の世相や話題を取り上げたテーマを決定し、原稿用紙10枚程度の論文を募集します。2020年度のテーマは「すぐそばにある『世界』」。入賞者は一席・堀山 有里子氏をはじめ、二席3名、三席5名となりました。
贈呈式は、コロナ感染防止を徹底したうえで、The Okura Tokyoにて行われました。
http://www.kitanozaidan.or.jp/

リカジョ育成フォーラム(オンライン)(11月13日開催)のご案内

-日産財団-

日産財団では、女子小中高生を対象に、理系に関する興味関心の向上や能力の育成を目的に活動されている団体・個人に『リカジョ育成賞(旧 リカジョ賞)』を褒賞して参りました。
今回のリカジョ育成フォーラムでは、受賞者お2人に加え、日産自動車の人事担当者を招いて、理系女子の育成・進路について、皆様のお悩みの一助となる情報をお届けします。

■日時:2020年11月13日 (金) 19:30~20:30
■参加費:無料
■出演者:1)和歌山信愛中学校高等学校 酒井 慎也 氏(第2回リカジョ賞グランプリ受賞者)
     2)東京大学 物性研究所 広報室 餅田  円 氏(第2回リカジョ賞準グランプリ受賞者)
     3)日産自動車株式会社 アライアンスR&D人事部 主担 谷口 圭一 氏
■対象:教育関係者・保護者・中学生~大学生
■定員:1,000名
■使用ツール:Zoom Webinarを使用
■参加方法:下記参加申込フォームに必要事項をご入力下さい。開催3日前と当日に視聴用URLを送信します。
https://www.nissan-zaidan.or.jp/information/200389/

公開シンポジウム『未来~わたしたちにできること~』2020年11月21日開催

-花王芸術・科学財団-

(公財)花王 芸術・科学財団は今年、設立30周年を迎えます。
芸術文化と科学技術の融合の一助として、これまでも様々な視点に基づく文理融合シンポジウムを開催してまいりました。30周年を記念した今回のテーマは『未来』です。漠然とした未来への不安に対し、視点や考え方を変えて取り組むことによって、私たちが創る明るい未来の可能性について、講演していただくとともにパネルディスカッションを行います。
今回は感染症の対策で参加人数を大幅に減らして開催いたしますが、当日のシンポジウムを収録した「特別映像版」を後日、1500名様限定でWEBにて期間限定配信致します。いずれも人数制限がございますので事前にお申込みください。(いずれも抽選)
開催日:2020年11月21日(土)
開場:13:00 / 開演:14:00 (17:00 終演予定)
※13:35 ~ ミニコンサートを開催いたします。
会場:東京ミッドタウン日比谷6F BASE Q HALL
東京都千代田区有楽町1-1-2
アクセス:https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/baseq/access/
参加費:無料(当日参加・特別映像版視聴ともに)
対象:どなたでも応募いただけます
特別映像版配信日:2020年12月中旬予定
詳細:http://www.kao-foundation.or.jp/other/symposium/established30.html

2020年度持田記念学術賞を決定

-持田記念医学薬学振興財団-

2020年度の持田記念学術賞は次の2名に決定しました。
佐藤俊朗・慶応義塾大学医学部坂口光洋記念講座教授「オルガノイド技術による臨床消化器疾患の生物学的理解」と胡桃坂仁志・東京大学定量生命科学研究所教授「エピゲノム創薬のクロマチン構造基盤の構築」の2名に決定しました。併せて研究助成金115件、留学補助金20件の助成先も決定しました。

シンポジウム「和食と健康~免疫力をあげる賢い「食」を考える~」が開催

-キヤノン財団-

10月13日、京都市の京都産業会館ホールにて、キヤノン財団と一般社団法人和食文化国民会議が共催するシンポジウム「和食と健康~免疫力をあげる賢い「食」を考える~」が開催されました。
5回目となる今回は、新型コロナウイルス感染防止策を十分にとったうえで、入場者数は会場定員の1/2以下に抑えて開催いたしました。
 詳細は以下をご覧ください。
  https://www.canon-foundation.jp/aid_awardees/event20201013.html
 なお、当日の動画は以下で観ることができます。(2020年11月末に公開終了予定)
  https://youtu.be/ch7aOSL2s6c

第15回樫山純三賞を決定

-樫山奨学財団-

今年は2019年4月から2020年6月までに刊行されたアジア関係図書の中から学術書28点、一般書26点、両部門に共通する著作4点、計58点(重複の推薦を加えると計67点)の選考対象から、学術書は小笠原欣幸著『台湾総統選挙』(晃洋書房)に、一般書は岡奈津子著『「賄賂」のある暮らし-市場経済化後のカザフスタン』(白水社)に、特別賞の受賞をアジア開発銀行『ASIA’S JOURNEY TO PROSUPERITY:POLICY, MARKET, AND TECHNOLOGY OVER 50 YEARS』にそれぞれ決定しました。
http://kashiyama-sf.com/

第90回服部報公会「報公賞」「90周年特別賞」及び令和2年度「工学研究奨励援助金」を決定

-服部報公会-

このたび、本年度の公募を行い慎重かつ厳正な審査を経て、2020年の「報公賞」に、京都大学大学院工学研究科教授、田中功氏の研究「第一原理計算に基づいた新材料探索技術の開発」を選定いたしました。
また、当年度は服部報公会設立90周年を迎え、押す説者の服部金太郎の家業にちなみ、「科学技術における時間の高精度化や高度利用に関わる優れた研究」に「90周年特別賞」を贈呈することにしました。これには、東京大学大学院工学系研究科きょうじゅ、香取秀俊氏の研究「光格子時計の発明と実証による超高精度な時空間計測に関する先駆的貢献」を選定いたしました。
「報公賞」には賞状並びに賞金1,000万円が贈呈され、また「90周年特別賞」には賞状並びに賞金300万円が贈呈されます。これと同時に「工学研究奨励援助金」として15件の研究に対し総額1,500万円が贈られます。