助成関連ニュース

損保ジャパン日本興亜福祉財団賞 受賞記念講演会・シンポジウム 7月7日開催

-損保ジャパン日本興亜福祉財団-

市民は格差社会を変えることが出来るか?
-福祉政治への参加の回路を探る-

日時:2018年7月7日(土)午後1時~5時(懇親会…午後5時~6時 参加費は無料)
会場:グランドアーク半蔵門(東京都千代田区隼町1-1 電話(代表)03-3288-0111)

第1部 受賞記念講演会
受賞者:田中 拓道氏(一橋大学大学院社会学研究科 教授)
受賞著書:『福祉政治史-格差に抗するデモクラシ-』(株式会社 勁草書房 2017年2月発行)

第2部 シンポジウム
「市民は格差社会を変えることが出来るか?-福祉政治への参加の回路を探る-」
コーディネーター:岩田 正美 氏〔日本女子大学 名誉教授〕
パネリスト:今野 晴貴 氏〔NPO法人POSSE代表〕
      湯浅 誠 氏〔社会活動家/法政大学 教授〕
コメンテーター:田中 拓道 氏〔一橋大学大学院社会学研究科 教授〕

6月29日(金)までに、FAX受講申込書またはインターネットにて、お申し込み下さい。
http://www.sjnkwf.org/news_event/2018_news/20180707_symposium.html

第39回工作機械技術振興賞贈賞式を開催

-工作機械技術振興財団-

論文賞7件(応募総数24件)、奨励賞9件(応募総数147件)および試験研究助成9件(A:8件、B:1件)を決定し、贈賞式を行った。

平成30年度助成先決定

-三菱財団-

自然科学研究助成、人文科学研究助成、社会福祉事業・研究助成を下記の通り決定した。
・自然科学研究助成:50件3億円(応募総数1,043件)
・人文科学研究助成:32件6,000万円(応募総数313件)
・社会福祉事業・研究助成:37件9,000万円(応募総数232件)

2017年度花王科学賞受賞者決定および贈呈式・受賞記念講演会開催

-花王芸術・科学財団-

我が国における「表面の科学」の〈化学・物理学分野〉と〈医学・生物学分野〉の基礎・基盤研究の振興と若い研究者の育成に貢献することを目的として、独自の成果を挙げた45歳以下の研究者に「花王科学賞」を贈ります。
2017年度は、化学・物理学分野に丸山達生氏(神戸大学大学院 工学研究科)、医学・生物学分野に七田 崇氏(東京都医学総合研究所 生体分子先端研究分野)の2名に決定しました。

第44回「放送文化基金賞」決定

-放送文化基金-

放送文化基金賞は、過去1年間(平成29年4月~平成30年3月)の放送の中から選ばれた、優れたテレビ、ラジオ番組や個人・グループに毎年贈られる賞です。今回は全国の民放、NHK、プロダクションなどから、全部で286件の応募、推薦がありました。テレビドキュメンタリー、テレビドラマ、テレビエンターテインメント、ラジオの4つの番組部門で、それぞれ最優秀賞、優秀賞、奨励賞の16番組と演技賞や企画賞など個人6件、さらに個人・グループ部門の放送文化、放送技術で7件の受賞が決まりました。
http://www.hbf.or.jp/awards/article/44_hbfprize

2018年度財団賞授賞式、助成金贈呈式、研究発表会を開催

-鹿島美術財団-

第25回鹿島美術財団賞は、日本・東洋美術部門は高志 緑氏、西洋美術部門は塚田 美香子氏に贈られました。
美術に関する調査研究助成は、54件、総額3,600万円が贈呈されました。その後、3件の研究発表会が行われました。

2018年度事業を決定

-ローム ミュージック ファンデーション-

音楽文化の発展 ~音楽家の育成~ (7億5,429万円):音楽文化の発展のため、「奨学援助」の実施、「音楽セミナー」、「京都・国際音楽学生フェスティバル」の開催、「小澤征爾音楽塾公演」の共催などを通じて、若い音楽家たちの育成を図ります。
2.音楽文化の普及 ~聴衆の拡大~ (3億1,141万円):音楽文化の普及のため、幅広い音楽活動への助成や音楽情報の調査発表を行い、音楽に親しむ人たちの拡大を図ります。
http://micro.rohm.com/jp/rmf-news-wp/wp-content/uploads/2018/05/2018%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E3%81%AE%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E6%B1%BA%E5%AE%9A.pdf

創立70年記念シンポジウム「住宅研究のフロンティアはどこにあるのか」7月14日開催

-住総研-

第50回シンポジウムを創立70年記念シンポジウムとして開催します。
「住宅研究のフロンティアはどこにあるのか -10年後の未来に向けて、私たちは何をしたらよいのか-」

日時:7月14日(土)13:00~18:00
会場:建築会館ホール(東京都港区5-26-20)
参加費:一般500円、学生無料(学生証を提示ください)
    (参加費はすべて東日本大震災・熊本地震復興義捐金として被災地にお送り致します)
定員:150名
http://www.jusoken.or.jp/symposium/jusokensympo_50.html

笹川科学・笹川スポーツ研究助成-2017年度研究発表会、2018年度研究奨励の会を開催

-日本科学協会、笹川スポーツ財団-

日本科学協会と笹川スポーツ財団は、合同で2017年度研究発表会および2018年度研究奨励の会を開催しました。
笹川科学研究助成(日本科学協会)は、大学院生以上の能力を有する35歳以下の若手研究者および現場における専門的立場にある者を対象にする助成で、2018年度は1,257名の応募の中から325名総額20,440万円を採択しました。笹川スポーツ研究助成(笹川スポーツ財団)は、235名の応募の中から47名が採択されました。当日は、前年度の助成の中から優秀なものを表彰する笹川研究奨励賞、笹川スポーツ研究助成優秀賞の授与も行われました。

平成30年度第44回実践研究助成「助成金贈呈式」を開催

-パナソニック教育財団-

第44回実践研究助成は、特別研究指定校:応募数18校、採択4校、一般助成校:応募数323校、採択73校となりました。
当日は、贈呈式に続いて、スタートアップセミナー(講演の後、採択校によるグループディスカッション)が行われました。