助成関連ニュース

ソルト・サイエンス・シンポジウム2021オンライン開催(11月1日~11月7日開催)

-ソルト・サイエン研究財団-

ソルト・サイエンス・シンポジウム2021は10月14日(木)品川区立総合区民会館「きゅりあん」で開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染状況に鑑みて、オンライン開催に変更させていただきます。「海水・塩・ミネラルの科学~環境・食・健康の視点から~」をテーマに、「海水から生まれる資源―新たな海水利用を目指して―」(和嶋隆昌千葉大学大学院准教授)、「長寿を支える味覚科学」(三坂巧東京大学大学院准教授)、「カルシウム・リンと健康」(深川雅史東海大学教授)の3講演を11月1日(月)から7日(日)までオンデマンドにて配信いたします。聴講には別途事前登録が必要です。
https://www.ssrf-symposium2021.jp/login.html

2021年度助成団体を決定

-太陽生命厚生財団-

太陽生命厚生財団は、事業助成(A.在宅高齢者または在宅障がい者等の自助・自立の意欲を引き出し、または鼓舞する等その生活の支援・向上に資する事業・費用:21件、B.在宅高齢者または在宅障がい者等と地域の人々が交流し支え合う、地域共生の仕組みづくり事業・費用:18件、C.在宅高齢者または在宅障がい者等の福祉に関する事業をするために必要な機器、機材、備品等を整備する事業・費用:25件)及び研究助成6件を決定しました。

「ローム ミュージック フェスティバル 2021 in TOKYO」10 月15 日オンライン開催

-ローム ミュージック ファンデーション-

「ローム ミュージック フェスティバル」は、奨学援助等で支援した音楽家「ローム ミュージック フレンズ」が一堂に会す音楽祭で、音楽ファンの拡大を図ることを目的に2016年に開始いたしました。これまで5回は京都での開催でしたが、より多くの皆様に楽しんでいただけるよう今回は初めて東京での開催を予定しておりました。
しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、無観客の公演とし、クラシック専門ストリーミングサービス「カーテンコール」を通じたオンンラインでのライブ配信(無料)のみを実施いたします。

◆日程:2021年10月15日(土)
◆配信場所:カーテンコール内「ローム ミュージック チャンネル」
<収録会場/紀尾井ホール>
【ライブ配信URL】 https://curtaincall.media/schedule/5123
【アーカイブ配信URL】https://curtaincall.media/archivevideo?id=3159
<アーカイブ期間:2021年10月16日~2021年10月22日(日本時間)>
◆出演者:ローム ミュージック フレンズ 27名
◆料金:無料

https://micro.rohm.com/jp/rmf/topics/event/rmf2021-in-tokyo?instance_id=144

2021年度助成金の決定

-三菱財団-

本年度の自然科学研究、人文科学研究、社会福祉事業・研究、文化財修復事業の助成金を決定しました。
自然科学研究は、一般助成725件、若手助成370件、合計1,095件の応募から一般46件、若手15件、合計61件、総額3億4,000万円の助成を決定しました。
人文科学研究は、大型助成は4件、一般助成は200件近い応募の中から、大型案件0件、一般案件28件、総額5,870慢円の助成を決定しました。
社会福祉部門は、応募総数126件から37件、総額9,000万円の助成を決定しました。
文化財修復部門は、38件の応募から11件を採択、助成金は総額2,500慢円となりました。
https://www.mitsubishi-zaidan.jp/

第91回服部報公会「報公賞」及び令和3年度「工学研究奨励援助金」を決定

-服部報公会-

このたび、本年度の公募を行い慎重かつ厳正な審査を経て、2021年の「報公賞」に、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構・宇宙研究所所長、國中均氏の研究「電子サイクロトロン共鳴放電式プラズマ源の研究開発と小惑星探査機への宇宙実用並びに産業への応用展開」を選定いたしました。
「報公賞」には賞状並びに賞金1,000万円が贈呈されます。これと同時に「工学研究奨励援助金」として15件の研究に対し総額1,500万円が贈られます。
http://www.hattori-hokokai.or.jp/pdf/press-release91.pdf

令和3年度WAM助成シンポジウム開催(9/27(月)開催)

-福祉医療機構-

テーマ:NPOと行政との協働の現在地
    ~地域共生社会の実現に向けて~

人口減少が進行する日本では、家族や地域のつながりの希薄化により、支え合い
が失われつつあります。また、福祉ニーズの多様化・複雑化が進むなか、「制度
の狭間」が問題となっています。
その対応として、「地域共生社会の実現」を目指す新たな施策も動き出し、NP
Oや行政をはじめとした多様な主体の参画による地域の支え合いの体制づくりが
一層注目を集めています。
そこで本シンポジウムでは、地域共生社会の実現に向けた政策の最新動向やWA
M助成の優良事例紹介を行い、“NPOと行政との協働を通して、いかに制度の
狭間を生まない支援体制を構築しうるのか”、事例のプロセスを紐解きながら、
そのヒントを探ります。
皆様のご参加をお待ちしております。

◇詳細・申し込みについては下記リンクをご覧ください。
 https://www.wam.go.jp/hp/r3_wam_josei_symposium/

<開催概要>
◆日時  令和3年9月27日(月)13:30~16:20
◆開催方法(定員) オンライン開催
・Zoomウェビナー(定員先着500名:リアルタイムでの質問可能)
・Youtube(定員無制限:視聴のみ)
◆参加費 無料
◆対象者 NPO等の民間福祉活動に携わる方、地域共生社会の実現に興味・関心のある方、NPOの活動に興味・関心のある方、行政担当者・企業など広く一般

基調講演『地域共生社会の実現に向けた取組みの最新動向』
<講師>厚生労働省社会・援護局地域福祉課地域共生社会推進室長 唐木啓介 氏
視点の提示 <ファシリテーター>上智大学総合人間科学部社会福祉学科准教授 鏑木奈津子氏   
活動成果報告
○一般社団法人ひとり親家庭福祉会ながさき
  事務局長 山本 倫子 氏
(フードバンクシステムによる、ひとり親家庭生活困窮世帯への「宅(食)所」「健康」「相談」総合支援)
○特定非営利活動法人なごみ
  事務局長 田村 幸大 氏
(支援対象者を特定しない、住民運営型の生活支援「まちのよろず屋」)

2021年度「地域保健福祉研究助成」、「シニアボランティア活動助成」、「ビジネスパーソンボランティア活動助成」の対象者を決定

-大同生命厚生事業団-

大同生命厚生事業団では2021年度の助成対象者を決定いたしました。「地域保健福祉研究助成」は申込み50件のうち34件、「シニアボランティア活動助成」は申込み126件のうち87件、「ビジネスパーソンボランティア活動助成」は申込み35件のうち26件で、総額2,200万円の助成規模となっています。
https://www.daido-life-welfare.or.jp/

リカジョ賞贈呈式をオンラインで開催

-日産財団-

女子児童・生徒の理系分野への興味・関心が深まったと評価できる取り組みを表彰する「リカジョ賞」の贈呈式をオンラインにて行いました。今年のグランプリは、北九州市立大学・国際環境工学部に、準グランプリは輝けミライの私!山陰ガールズプロジェクトと学校法人ノートルダム清心学園・清心中学校清心高等学校の2件に贈られました。
https://www.nissan-zaidan.or.jp/news/topics/317645/%e3%80%8c%e7%ac%ac%ef%bc%94%e5%9b%9e%
e3%83%aa%e3%82%ab%e3%82%b8%e3%83%a7%e8%82%b2%e6%88%90%e8%b3%9e%e3
%80%8d%e5%90%84%e8%b3%9e/

第19回(2021年度)「高峰記念第一三共賞」の受賞者を選出

-第一三共生命科学研究振興財団-

第19回(2021年度)「高峰記念第一三共賞」の受賞者として、濱田博司博士(理化学研究所 生命機能科学研究センター チームリーダー)を選出しました。
受賞研究テーマは「哺乳動物の胚発生の基本的な仕組みの研究」。
本賞は、生命科学特に疾病の予防と治療に関する諸分野の基礎的研究ならびに臨床への応用研究の進歩・発展に顕著な功績を上げ、活躍中の研究者に贈呈されます。
http://www.ds-fdn.or.jp/

学術研究助成金贈呈式、飯島藤十郎賞授与式、特定課題研究等助成金贈呈式を開催

-飯島藤十郎記念食品科学振興財団-

この度の想定式・授与式は、新型コロナ感染拡大防止の観点から各助成事業の受贈者・受賞者の代表者の方数名のみを会場にお招きし、少人数での開催としました。また開催の模様は、YouTubeにより配信を行い、会場へのご招待をお控えした来賓、受贈者及び財団関係者に視聴していただきました。
学術研究助成金は、個人研究49件、共同研究8件、総額1億2,000万円及び外国人留学生研究助成金は6件、総額600万円を、特定課題研究等助成金は26件、6,948万5千円に助成金が贈呈されました。
飯島藤十郎小は、高木博史・奈良先端科学技術大学先端科学技術研究科教授、二川健・徳島大学大学院医歯薬学研究部教授の2名に授与されました。
http://www.iijima-kinenzaidan.or.jp/