助成関連ニュース

NPOインターンシップラボシンポジウム2019を開催(9月16日開催)

-トヨタ財団助成事業-

今年もNPOインターンシップラボではシンポジウムを開催します。
第2回目となる今年のテーマは「まちに”小さな主人公”が育つしかけとは?」
と題し、2つのパネルディスカッションを通じて、議論を深めます。
これからのまちにはどんな人材が必要なのでしょうか。
また、学生の地域への関わり方は多岐にわたる中ではどんなプログラム、
どんなコーディネーションが必要なのでしょうか。
本シンポジウムでは既に地域で学生の育成に関わっている実践者や学生と
NPOのコーディネーションに関心のある多様な立場の方が集まり、
皆で考えていく機会にしたいと思います。
是非ご参加ください。

■日 時:9月16日(月祝)13:00?17:00
■会 場:青山学院大学 青山キャンパス 17号館 17306教室
https://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html
■定 員:100名
■参加費:2,000円

■参加申込
WEBよりエントリーください。
http://npointernship-lab.net/action/2019.html

■対象者
・インターンシッププログラムの作り方や運営に関心がある方
・インターンシップに関心のある中間支援NPOや受入NPO、大学生の皆さん
・サービスラーニング等の授業を担当している教員の方々
・大学ボランティアセンターのコーディネーター
・学生の育成や地域活動に関心のある企業・行政・財団の方々

主催:NPOインターンシップラボシンポジウム実行委員会
共催:青山学院大学 サービス・ラーニング パイロットプロジェクト
助成:公益財団法人トヨタ財団

13:00-13:10 スタート、事務連絡
13:10-14:40 パネルディスカッション(1)
「小さな主人公を育てる実践者が語る未来」
 ■進行
  神奈川大学 准教授 山岡義卓氏
 ■登壇者
  青山学院大学ボランティアセンター 秋元みどり氏
  NPO法人寺子屋プロジェクト 代表 荒木 勇輝氏
  NPO法人トチギ環境未来基地 大木本舞氏
14:40-14:55 休憩
14:55-16:15 パネルディスカッション(2)
「学生が変わる?!地域が変わる?!~NPOインターンシップ徹底解剖~」
 ■進行
  聖学院大学 コミュニティーサービスラーニング講師 川田虎男氏
 ■登壇者
  NPO法人アクションポート横浜 代表理事 高城芳之氏
  NPO法人びーのびーの スタッフ 舘裕香氏
  NPOインターンシップ参加大学生
16:15-16:30 まとめ
16:30-17:00 交流会

第7回理科教育賞贈呈式を開催

-日産財団-

第7回理科教育賞及び第2回リカジョ賞の贈呈式が横浜で行わました。まず、リカジョ賞を受賞した3名から成果発表の講演があり、次いで理科教育賞の候補の4団体から成果発表の講演がありました。休憩時間に理科教育賞の選考が行われるのと同時に、2016年度に理科教育助成を受けた学校のポスターセッションが行われ、出席者によるポスターセッション賞の投票も行われました。
第2回リカジョ賞グランプリ:和歌山信愛中学校・高等学校 酒井 慎也 氏
第7回理科教育賞大賞:神奈川県 横浜市立三ツ沢小学校
理科教育賞ポスターセッション賞:神奈川県 川崎市立中学校教育研究会理科部会

https://www.nissan-zaidan.or.jp/information/199682/

2019年度(第25回)贈呈式および成果発表会を開催

-双葉電子記念財団-

研究助成金、奨学金、衞藤細矢記念賞の贈呈式および研究助成金、奨学金並びに青少年創造性開発育成事業のポスター発表による成果発表を開催しました。研究助成金は、応募者89名のうち39名の採択。奨学金は、応募者40名のうち20名の採択。衞藤細矢記念賞は、2名が受賞し、それぞれ記念講演を行いました。横井秀俊・東京大学名誉教授:講演「射出成形現象工学の体系化-成形現象を極める-」、川村貞夫・立命館大学理工学部教授:講演「システムインテグレーション科学を目指したロボティクス研究」。

2019年度三島海雲学術賞・学術研究奨励金贈呈式並びに受賞後援会を開催

-三島海雲記念財団-

第8回三島海雲学術賞は、自然科学部門(食の科学)は2名、人文科学部門(アジア地域の歴史・人文科学)1名、計3名に贈呈されました。贈呈後、受賞者3名による受賞講演会が開催されました。受賞された3名は以下の通り。
加藤健太郎氏(東北大学大学院農学研究科教授)「食の安全を脅かす人獣共通感染症の疾病予防に関する研究」
樽野陽幸氏(京都府立医科大学大学院医学研究科教授)「味覚神経伝達の分子基盤に関する研究」
長縄宣博氏(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター・教授)「イスラームのロシア:帝国・宗教・公共圏1905-1917」
第57回三島学術奨励金は、共同研究2件、個人研究39件。人文科学部門は共同研究1件、個人研究21件が採択されました。
https://www.mishima-kaiun.or.jp/news/572019-1.html

第17回(2019年度)「高峰記念第一三共賞」の受賞者を選出

-第一三共生命科学研究振興財団-

第17回(2019年度)「高峰記念第一三共賞」の受賞者として、柳沢正史博士(筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 教授・機構長)を選出しました。
受賞研究テーマは「生体ホメオスタシス制御機構の解明と疾患治療への応用」。
本賞は、生命科学特に疾病の予防と治療に関する諸分野の基礎的研究ならびに臨床への応用研究の進歩・発展に顕著な功績を上げ、活躍中の研究者に贈呈されます。
http://www.ds-fdn.or.jp/

第40回工作機械技術振興賞 贈賞式を開催

-工作機械技術振興財団-

振興賞には、論文賞(大学、高専、公的研究機関および企業の研究者などを対象に、工作機械の発展・進歩に大きな貢献が期待できる独創的な論文に対し表彰)、奨励賞(工作機械の技術に関する学生の優秀な卒業研究発表に対し賞を贈り、これを表彰しています。日本機械学会 、精密工学会および砥粒加工学会の学生会卒業研究発表論文集の中から選考)、人材育成賞(工作機械技術の研究開発、技術創造、ものづくりなどにおいて、学生・生徒、並びに若手の技術者・研究者の指導、育成に、優れた活動を行い、成果を挙げている個人、または将来その活動が大いに期待できる個人)があり、それぞれ論文賞6件、奨励賞8件、人材育成賞3件に贈呈しました。

第45回『放送文化基金賞』の表彰対象を決定

-放送文化基金-

本賞は、過去1年間(2018年4月~2019年3月)の放送の中から選ばれた優れたテレビ、ラジオ番組や個人・グループに毎年送られる賞です。
1.番組部門
・テレビドキュメンタリー番組 5番組
・テレビドラマ番組 4番組
・テレビエンターテインメント 4番組
・ラジオ番組 3番組
・個人部門
 「演技賞」3件、「企画賞」2件、「脚本賞」1件
2.個人・グループ部門
https://www.hbf.or.jp/awards/article/45_hbfprize

花王科学賞 受賞者(2名)決定

-花王芸術・科学財団-

花王科学賞は、「表面の科学」をテーマに、「化学・物理学」「医学・生物学」の分野で、独創的・先駆的な研究業績をあげ、将来を嘱望される45歳以下の優秀な研究者を各大学より推薦していただき、財団の選考委員により選考されるものです。
2018年度の受賞者は以下の2名。
【化学・物理学】
生越 友樹氏(金沢大学 新学術創成研究機構 ナノ生命科学研究所 教授)
      [現所属:京都大学工学研究科合成・生物化学専攻 教授]
<受賞研究テーマ>
『柱型環状分子ピラーアレーンの創成と機能性空間材料への展開』
【医学・生物学】
森本 充氏(理化学研究所 生命機能科学研究センター 呼吸器形成研究チーム チームリーダー)
<受賞研究テーマ>
『管腔臓器の特徴的な形態を作る間充織細胞の極性化と分化の研究』

https://www.kao.com/jp/corporate/news/2019/20190524-001/

鹿島美術財団賞授賞式・2019年助成金贈呈式ならびに研究発表会を開催

-鹿島美術財団-

2019年5月24日に行われた第26回鹿島美術財団賞授賞式において、次の2氏に財団賞を贈呈しました。
《日本・東洋美術部門》
  横尾 拓真 氏(名古屋市博物館学芸員)
    研究主題:「谷文晁を中心とした関東南画(文人画)における中国絵画学習の研究
           ―清代福建様式の影響を中心に―」
《西洋美術部門》
  森 結 氏(九州大学大学院人文科学府博士後期課程、福岡県文化振興課学芸員)
    研究主題:「オルヴィエート大聖堂サン・ブリツィオ礼拝堂装飾の政策背景
           ―腰壁装飾に見られるピントゥリッキオ工房との関連から―」
次いで、研究助成金63件への贈呈式が行われ、研究発表会は上記財団賞の2名を含めた5名の研究者から研究発表がありました。

FRJ2019 ファンドレイジング・日本 9月14日・15日開催

-日本ファンドレイジング協会-

「ここに来たら、ファンドレイジングのすべてがわかるアジア最大のファンドレイジング大会」
営利・非営利の垣根を越えて、社会を変える挑戦を続ける人々が一堂に会す2日間。

開催日時:
2019年9月14日(土)開場:8:30、セッション9:10-18:30、懇親会19:00-21:00
2019年9月15日(日)開場:8:30、セッション9:10-16:10

開催場所:
駒澤大学 駒沢キャンパス
〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1

参加費:
○個人で申込:
【会員価格】
 早割[2019.2.1-5.31] \16,000+税
 通常[2019.6.1-8.19] \21,000+税
 当日[2019.8.20-] \33,000+税
【一般価格】
 早割[2019.2.1-5.31] \25,000+税
 通常[2019.6.1-8.19] \30,000+税
 当日[2019.8.20-] \42,000+税
※法人会員の場合、団体にご所属の方は全て会員価格でお申込できます。

○みんなで申込
【会員価格】
 早割[2019.2.1-5.31] \14,000+税
 通常[2019.6.1-8.19] \19,000+税
【一般価格】
 早割[2019.2.1-5.31] \23,000+税
 通常[2019.6.1-8.19] \28,000+税
※同一団体ないし、同一都道府県から10名以上お申し込み頂いた場合、参加費がお得になるお申込み方法です。
※地域別・カテゴリー別チャプターでも「みんなで申込」を行っています。チャプターに所属されている方は、各チャプターの代表者にお問い合わせください。
※同一都道府県から「みんなで申込」でお申込みいただく場合、取りまとめ代表者が認定・准認定ファンドレイザーであることが必要となります。

https://jfra.jp/frj/index.html