助成関連ニュース

平成28年度研究助成公募の課題決定

-第一生命財団-

住生活の改善向上をはかるための研究を公募し、平成28年度の助成対象者を決定いたしました。今年度は49件(一般研究34件、奨励研究15件)の応募をいただき、一般研究6件845万円、奨励研究2件155万円、計8件1,000万円を決定いたしました。
詳細は当財団サイトをご覧下さい。
http://group.dai-ichi-life.co.jp/d-housing/boshu.html)

2016年度研究助成金等の贈呈先の決定

鹿島学術振興財団

「研究助成」は、都市・居住環境の整備及び国土・資源の有効利用等による国民生活の向上、学術の発展に資する研究を対象に、計32件(新規18件、継続14件)3,990万円を助成、「研究者交流援助は」は日本人研究者の海外派遣3件に660万円を援助を決定しました。

1/21「国際シンポジウム(於:神戸)」開催のお知らせ

-トヨタ財団-

トヨタ財団は神戸大学国際文化学研究科・国際文化学研究推進センター(Promis)との共催で、国際シンポジウム「多文化社会―国際的な人の移動と多様性のあるコミュニティ―」を開催し、その参加者を募集いたします。

≪シンポジウム概要≫
●日時:1月21日(土)10時00分~13時30分
●会場:海外移住と文化の交流センター 5階ホール
(神戸市中央区山本通3-19-8)
●定員:80名(申し込み制)
●参加費:無料

詳細は以下のURLをご覧ください。
http://web.cla.kobe-u.ac.jp/group/Promis/research/lectuers/cn16/TF_multicultural.html

第38回サントリー学芸賞の贈呈式開催

-サントリー文化財団-

この賞は、社会と文化を考える独創的で優れた研究、評論活動を著作を通じて行った個人を対象に顕彰するものです。
本年度は、「政治・経済部門」の塩出浩之氏:琉球大学教授(越境者の政治史)を始めとする「芸術・文学部門」「社会・風俗部門」「思想・歴史部門」の4部門で合計8名に同賞が贈呈されました。

2017年度渥美留学生の決定

-渥美国際交流財団-

当財団は、日本以外の国籍を有し日本の大学院の博士課程に在籍する方に奨学金を支給しています(月額20万円で毎年12名採用)。
この度、2017年度渥美留学生の対象者が決定しました。

平成28年度(第16回)山崎貞一賞贈呈式開催

-材料科学技術振興財団-

1材料、2半導体および半導体装置、3計測評価、4バイオサイエンス・バイオテクノロジーの4分野において論文の発表、特許の取得、方法・技術の開発等を通じて、実用化につながる優れた創造的業績をあげている人を表彰します。
平成28年度は1材料に3名(吉川彰氏、鎌田圭氏、庄子育宏氏共同)、2半導体および半導体装置に3名(菅原充氏、武政敬三氏、西研一氏共同)に賞状・金メダル及び賞金各300万円が贈られました。

第44回「三越医学研究助成」の贈呈式開催

-三越厚生事業団-

生活習慣病その他重要な疾病の予防および治療方法並びに基礎的解明に資する研究を対象として助成しています。2016年度は3名の対象者に助成金が贈られました。
当日は、併せて海外留学渡航費助成の受賞者6名にも助成金が贈られました。

平成28年度「三井住友海上福祉財団賞」等の贈呈式開催

-三井住友海上福祉財団-

この賞は、「交通安全等」並びに「高齢者福祉」について現場からの実際的研究にもとづく優れた著作や論文を表彰するものです。
本年度は「交通安全等」が1名(桜井良太氏:早稲田大学スポーツ科学学術院)、「高齢者福祉」が1名(中西三春氏:東京都医学総合研究所)受賞されました。また、併せて研究助成の対象者29名(「交通安全等9名」「高齢者福祉20名」)に助成金が贈呈されました。

平成28年度研究出版助成金給付の決定

-日本証券奨学財団-

大学において行う証券金融経済分野(証券、金融、財務・会計、経営、法律、経済の部門)研究調査を対象に、その成果公表等に係る出版費用の助成を実施しています。
本年度は5件に対し総額500万円の給付を決定しました。

平成28年度(第31回)社会福祉助成事業

-松翁会-

当助成は社会福祉に関する民間の事業が対象です。
本年度は応募総数125件の中から15件の団体(総額692万円)に決定しました。