財団イベント

上原国際シンポジウム2021(2021年6月7日~9日開催)の登録を開始

-上原記念生命科学財団-

上原国際シンポジウム2021は、ハイブリッド開催として準備を進めてまいりましたが、現在の新型コロナウイルス感染の状況を鑑み、全ての講演をオンラインにて開催します。
開催概要:
名 称:上原国際シンポジウム2021
主 催:公益財団法人 上原記念生命科学財団
テーマ:Brain-periphery interactions in health and diseases
開催期間:2021年6月7日(月)~9日(水)
会議形式:Zoom Webinar

https://www.ueharazaidan.or.jp/symposium2021/index.html

一般財団法人 キヤノン財団と一般社団法人 和食文化国民会議の共催シンポジウム(2021年2月28日開催)
 『和食と健康2021春~食の恵みで健康に賢い「食」を考える』

-キヤノン財団-

一般財団法人キヤノン財団は、一般社団法人和食文化国民会議との共催によるシンポジウムを「和食と健康」~食の恵みで健康に賢い「食」を考える~と題しましてオンラインで開催します。
身近な食、特に味噌や醤油などのこうじ発酵食品や魚介類が健康にいかに寄与しているかということを科学的に示す最先端の研究成果を一般の方向けにわかりやすく講演していただきます。

日 時 : 2021年2月28日(日)13:30より16:25まで(開場:13:15より)
会 場 : オンライン (ZOOMのウェビナー)
参加費: 無料 (定員500名 先着順)
申込先:  和食文化国民会議 E-mail:info@washokujapan.jp TEL 03-5817-491
     https://washokujapan.jp/symposium/

リカジョ育成フォーラム(オンライン)(11月13日開催)のご案内

-日産財団-

日産財団では、女子小中高生を対象に、理系に関する興味関心の向上や能力の育成を目的に活動されている団体・個人に『リカジョ育成賞(旧 リカジョ賞)』を褒賞して参りました。
今回のリカジョ育成フォーラムでは、受賞者お2人に加え、日産自動車の人事担当者を招いて、理系女子の育成・進路について、皆様のお悩みの一助となる情報をお届けします。

■日時:2020年11月13日 (金) 19:30~20:30
■参加費:無料
■出演者:1)和歌山信愛中学校高等学校 酒井 慎也 氏(第2回リカジョ賞グランプリ受賞者)
     2)東京大学 物性研究所 広報室 餅田  円 氏(第2回リカジョ賞準グランプリ受賞者)
     3)日産自動車株式会社 アライアンスR&D人事部 主担 谷口 圭一 氏
■対象:教育関係者・保護者・中学生~大学生
■定員:1,000名
■使用ツール:Zoom Webinarを使用
■参加方法:下記参加申込フォームに必要事項をご入力下さい。開催3日前と当日に視聴用URLを送信します。
https://www.nissan-zaidan.or.jp/information/200389/

公開シンポジウム『未来~わたしたちにできること~』2020年11月21日開催

-花王芸術・科学財団-

(公財)花王 芸術・科学財団は今年、設立30周年を迎えます。
芸術文化と科学技術の融合の一助として、これまでも様々な視点に基づく文理融合シンポジウムを開催してまいりました。30周年を記念した今回のテーマは『未来』です。漠然とした未来への不安に対し、視点や考え方を変えて取り組むことによって、私たちが創る明るい未来の可能性について、講演していただくとともにパネルディスカッションを行います。
今回は感染症の対策で参加人数を大幅に減らして開催いたしますが、当日のシンポジウムを収録した「特別映像版」を後日、1500名様限定でWEBにて期間限定配信致します。いずれも人数制限がございますので事前にお申込みください。(いずれも抽選)
開催日:2020年11月21日(土)
開場:13:00 / 開演:14:00 (17:00 終演予定)
※13:35 ~ ミニコンサートを開催いたします。
会場:東京ミッドタウン日比谷6F BASE Q HALL
東京都千代田区有楽町1-1-2
アクセス:https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/baseq/access/
参加費:無料(当日参加・特別映像版視聴ともに)
対象:どなたでも応募いただけます
特別映像版配信日:2020年12月中旬予定
詳細:http://www.kao-foundation.or.jp/other/symposium/established30.html

シンポジウム「和食と健康~免疫力をあげる賢い「食」を考える~」が開催

-キヤノン財団-

10月13日、京都市の京都産業会館ホールにて、キヤノン財団と一般社団法人和食文化国民会議が共催するシンポジウム「和食と健康~免疫力をあげる賢い「食」を考える~」が開催されました。
5回目となる今回は、新型コロナウイルス感染防止策を十分にとったうえで、入場者数は会場定員の1/2以下に抑えて開催いたしました。
 詳細は以下をご覧ください。
  https://www.canon-foundation.jp/aid_awardees/event20201013.html
 なお、当日の動画は以下で観ることができます。(2020年11月末に公開終了予定)
  https://youtu.be/ch7aOSL2s6c

三菱財団と中央共同募金会が共同で実施する、コロナ禍で困窮する外国にルーツがある人々 への支援、JFCの協力によってスタート

-三菱財団+中央共同募金会-

~新型コロナウイルス感染下において困窮する人々を支援する~外国にルーツがある人々への支援活動を応援する助成事業 公募受付中!
この助成事業は、三菱創業150周年を記念して拠出した1億円の原資をもとに、三菱財団と中央共同募金会が連携し、共同で実施する助成事業です。
コロナ危機下で、日本に在住する、生活に困窮する外国にルーツを持つ人々への支援プログラムです。
この支援プログラムの立ち上げに際して、JFCでは、三菱財団と中央共同募金会、両者の連携をお手伝いさせていただきました。
同様に、コロナ禍における、新たな助成の取組みをお考えの助成財団の皆さまが居られましたら、、JFCまでご一報ください。
詳細は、https://www.akaihane.or.jp/news/13310/

一般財団法人 キヤノン財団と一般社団法人 和文化国民会議の共催シンポジウム(5月21日開催)

-キヤノン財団-

『和食と健康2020 初夏~免疫力をあげる賢い「食」を考える』

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を今年秋以降に延期させていただきます。

一般財団法人 キヤノン財団は、一般社団法人 和食文化国民会議と共催で、『和食と健康~免疫力をあげる賢い「食」を考える』をテーマとしたシンポジウムを京都で開催します。
高齢化社会となった今、いつまでも健康ですごすことは私たちの願いです。
世界的に健康的な食事と評価されている和食は 、私たちの 健康にどのように役に立っているのでしょうか。
健康的な長寿につながる 免疫力と和食の関係について、科学的側面から最新の研究内容を報告します。

https://www.canon-foundation.jp/news/pdf/info20200327_cf_symposium.pdf

日 時 :2020年5月21日(木曜日) 13時30分~16時50分
場 所 :京都産業会館ホール・北室
住 所 :京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78 京都経済センター2階
参加費 :無料
定 員 :200名 (先着順)
問合せ :一般社団法人 和食文化国民会議
電 話 :03-5817-4915

令和元年度 科学教育振興助成 成果発表会(西日本:12月22日開催、東日本:12月26日開催)

-中谷医工計測技術振興財団-

今年度の科学教育振興助成の助成校が研究や活動の進捗を発表する成果発表会を下記のとおり開催します。

◎西日本大会
日時:令和元年12月22日(日)12:00~16:15
場所:岡山コンベンションセンター3階(JR岡山駅隣接)
   (岡山市北区駅元町14-1)
◎東日本大会
日時:令和元年12月26日(木)12:00~16:15
場所:伊藤謝恩ホールB1・B2
   (東京都文京区本郷7-3-1)
当日スケジュール:
受付     11:00~11:50
開会式    12:00~12:20
特別講演   12:20~13:10
(西日本大会)遠藤秀紀氏(東京大学総合研究博物館教授)
(東日本大会)大隅良典氏(東京工業大学科学技術創生研究院栄誉教授)
ポスター発表 13:40~15:30(生徒・児童によるポスター発表)
閉会式    15:55~16:15

地域文化の支援のためのフォーラムを全国で開催、福島10月20日開催

-サントリー文化財団-

弊財団では、1979年の創立以来、毎年、全国の優れた地域文化活動を顕彰する「サントリー地域文化賞」を贈呈し、これまでの受賞者の数は、219件に登ります。
しかしながら、産業構造の変化や少子高齢化などの社会の変化にともない、活動を続けられなくなった受賞者も徐々に増えてまいりました。
そこで、日本の豊かな地域文化を未来に引き継ぐために、今、私たちにできることは何かを考えるために、弊財団では「地域文化の未来を考える研究会」を開催し、その成果を提言書『続けるヒント』としてまとめました。
この内容を深くご理解いただき、活用していただくために、福島市をはじめ、全国で巡回フォーラムを開催してまいります。添付ファイルにてチラシをお送りします。
入場は無料。提言書『続けるヒント』をご来場の方全員に進呈させて頂きます。締切は過ぎておりますが、まだ席に余裕はございます。

日 時:2019年10月20日(日)14:30~17:00(開場 14:00)
会 場:とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)小ホール (福島県福島市春日町5-54)
参加費:無料
定 員:350 名(先着順)

第1部「地域文化活動が開く未来」
    飯尾 潤氏(政策研究大学院大学教授)
パフォーマンス/アミーゴ・デ・川俣
第2部 鼎談「地域文化を思う」
    御厨 貴氏(東京大学名誉教授)
    沖本幸子氏(青山学院大学教授)
    高橋雅行氏(福島民報社代表取締役社長)

https://www.suntory.co.jp/sfnd/40th/#no4

第10回東アジア市民社会フォーラム(10月28日開催)

-公益法人協会-

「東アジア市民社会フォーラム」は、日中韓3か国における市民社会の発展と相互理解を通じ、東アジア地域の平和をめざす国際交流フォーラムです。
第10回を迎える今年のテーマは「長寿社会と市民社会組織~市民社会が主体的に実現する持続可能な福祉」です。
高齢化に向き合う3か国の先進事例や知見を共有し、市民セクターの交流を深めます。
皆さまのご参加をお待ちしております。

■申込方法
以下のフォームからお申し込みください。
https://forms.gle/UxZ2eni7UMsKsMez8
*定員50名に達し次第締切

■フォーラム概要
日 時:2019年10月28日(月)9:30~17:45 (開場9:00)
場 所:JICA地球ひろば 国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5)
参加費:無料
定 員:50名(要申込)
主催:(公財)公益法人協会
共催:ボランティア活動国際研究会、 中国国際民間組織合作促進会、韓国ボランティア・フォーラム
運営:第10回東アジア市民社会フォーラム実行委員会
協力:(特活)市民社会創造ファンド、 (公財)助成財団センター、(認特)日本NPOセンター
助成協力:(公財)庭野平和財団
後援:(独法)国際協力機構(JICA)
 
*日中韓3言語いずれも同時通訳があります
 
■講演・事例報告登壇者(予定/登壇順)
〈総合司会:李妍?氏(駒澤大学教授)〉
・李龍氏(韓国ボランティア学会会長、詳明大学校 人文大学長) (韓)
・章興鳴氏(江南大学新社会組織研究中心 執行主任) (中)
・高橋紘士氏(東京通信大学教授、高齢者住宅財団顧問) (日)
・王青氏(日中福祉プランニング コーディネーター) (中)
・金成垣氏(東京大学大学院人文社会系研究科准教授) (韓)
・劉飛氏(成都市愛有戯社区発展中心 主任) (中)
・趙剛氏(東北師範大学家庭教育研究院 院長) (中)
・鄭鍾和氏(三育大学校 保健福祉大学長) (韓)
・申聖國氏(社会的企業 Hug-In 代表) (韓)
・清水肇子氏(さわやか福祉財団 理事長) (日)
・奥田知志氏(抱樸 理事長) (日)

■プログラム
「長寿社会と市民社会組織~市民社会が主体的に実現する持続可能な福祉」
・開会あいさつ
・基調講演(質疑応答含む)
・特別報告ー日中韓交流の最近の動きから
・各国からの事例報告
・パネルディスカッション
・質疑応答
・交流会

■交流会
フォーラム終了後、同一建物内で交流会を実施します。お時間のある方はぜひご参加ください。
日 時:2019年10月28日(月) 18:00-20:00
場 所:JICA地球ひろば J’s CAFE
参加費:3,600円 *当日支払

http://www.kohokyo.or.jp/kohokyo-weblog/topics/2019/09/1028_10_1.html

■お問合せ
公益財団法人公益法人協会(担当:白石)
電話 03-3945-1017
メール shiraishi@kohokyo.or.jp