助成金募集ニュース

※「新型コロナウィルス感染症」の拡大に伴い、募集時期の変更、延期、あるいは中止の可能性があります。応募の際は、各財団に確認をお願いいたします。

⇒浦上食品・食文化振興財団(電話:050-3532-6365)

1.タイトル 研究助成
2.内容 食品の生産・加工及び安全性等に関する研究並びに食文化に関する研究等に対する助成。研究課題は以下の5項目とする。(1)食品加工技術、(2)食品と健康、(3)香辛料食品(=「香辛料」を研究材料にするものを含む)、(4)食嗜好・食行動、(5)食品の安全性。対象は全国の大学、研究所等の研究機関の研究グループまたは研究者。
3.金額
4.締切り 7月10日(当日必着)
5.詳細参照 https://www.urakamizaidan.or.jp/research/index.html

⇒キヤノン財団(電話:03-3757-7432)

1.タイトル 第12回研究助成プログラム「善き未来をひらく科学技術」
2.内容 善き未来につながる新しい価値の創出をめざし、そのために必要な科学知識を獲得する研究、およびその展開を図る基礎技術研究を対象とするプログラムです。
善き未来をひらくには、科学技術が人類社会の繁栄に貢献する一方で生み出してきた不都合な問題に対峙し、また未来社会に予見される新しい課題を発見し解決することが必要になります。それらを可能にする革新的な知識、知恵、情報、技術などを獲得する科学技術研究を提案し、取り組んでいただきます。
3.金額 1件あたりの申請総額の上限を3,000万円として、全体で3件程度を予定しています。
4.締切り 2020年6月30日15時(電子申請)応募受付は2020年6月1日(月)10時から
5.詳細参照 http://www.canon-foundation.jp/
1.タイトル 第12回研究助成プログラム「新産業を生む科学技術」
2.内容 一般財団法人キヤノン財団(電話03-3757-6573)
3.内容: 新産業の実現による新しい価値の創出をめざし、そのために必要な技術を確立する研究、およびその基礎となる科学的研究を対象とするプログラムです。
次の時代をリードする新産業を生むには、不確実で多様性に富んだこれからの社会の豊かさを形づくる革新的なモノやサービスを実現することが必要となります。それらを可能にする要素技術を確立し、機構・機序を解明し、システムとして構成させる科学技術研究を提案し、取り組んでいただきます。
3.金額
4.締切り 2020年6月30日15時(電子申請)応募受付は2020年6月1日(月)10時から
5.詳細参照 http://www.canon-foundation.jp/

⇒国際医学研究振興財団(電話:0797-23-3221)

1.タイトル 国際シンポジウム助成
2.内容 日本国内で開催される医学研究に関する国際シンポジウムを後援し、我が国における医学研究振興の一助とする。
国内の大学または研究施設などに所属する医学研究者で、国際シンポジウムの開催責任者(主宰者)。申請は1人につき同一年度内1件とする。
3.金額 原則として1件、300万円
4.締切り 6月30日(火)(応募受付は6月1日(月)から)
5.詳細参照 http://ifpmr.or.jp/kokusai/

⇒サントリー生命科学財団(電話:082-565-0461)

1.タイトル サントリー SunRiSE 生命科学研究者支援プログラム
2.内容 本プログラムは、財団研究分野である「分子を中心に据えた、生命現象のメカニズムの解明」に関連する独創性、先駆性の高い課題を企画・推進する大学等の若手研究者を支援し、わが国の将来の基礎研究分野を先導する人材を育成することを目的とします。
公募研究課題 は「分子を中心に据えた、生命現象のメカニズムの解明」
3.金額 10名 2020年度に選考し、2021年度から 5年間支給。年度ごとに 10,000千円を助成。
4.締切り 2020年6月10日 JST17:00 締切時間厳守(正式な応募書式は4月1日にダウンロード開始予定。応募受付は5月11日(月)から)
5.詳細参照 http://www.sunbor.or.jp/sunrise/

⇒JFE21世紀財団(電話:03-3597-4652)

1.タイトル 技術研究助成
2.内容 (1)鉄鋼技術研究(11件程度):鉄鋼材料、製造プロセス、鉄鋼副産物を対象とする基礎/応用研究。計測・制御・分析・計算科学・数値解析等で鉄鋼を対象とする関連技術や生産技術の研究を含む。
(2)地球環境・地球温暖化防止技術研究(11件程度):地球環境保全と地球温暖化防止を目的とした技術開発を対象とするエンジニアリング(工学)に関係する基礎、応用技術の研究。
3.金額 1件当たり200万円、22件、総額 4,400万円
4.締切り 6月19日(金) 24時(応募受付は4月20日(月)から)
5.詳細参照 http://www.jfe-21st-cf.or.jp/
1.タイトル アジア歴史研究助成
2.内容 「21世紀アジアと共存共栄するための、日本の産業と文化のVision構築に資するアジア歴史研究」
アジアの各地域はいずれもきわめて複雑な歴史をたどってきた。その結果として今日の政治、経済、社会、文化状況がある。本研究助成は、歴史的経緯を踏まえながら現況を直視し、未来を考える研究を対象とする。また、アジア各地域と日本の関係についての歴史と記憶の研究も含む。
3.金額 1件当たり150万円、8件、総額 1,200万円
4.締切り 6月19日(金) 24時(応募受付は4月20日(月)から)
5.詳細参照 http://www.jfe-21st-cf.or.jp/

⇒自然保護助成基金(電話:03-5454-1789)

1.タイトル 第31期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成
2.内容 プロ・ナトゥーラ・ファンド助成は,国内外の自然環境の保全を目指した調査・研究,および市民活動に対する助成プログラムです.
以下の3つのカテゴリーからご応募いただけます。
A: 国内研究助成
B: 国内活動助成
C: 特定テーマ助成「保護地域においてオーバーツーリズムが自然環境に与える影響とその
  対策」
3.金額 1件あたり100万円
4.締切り 2020年7月15日
5.詳細参照 http://www.pronaturajapan.com/foundation/pronaturafund/31pnfbosyu

⇒島津科学技術振興財団(電話:075-823-3240)

1.タイトル 2020年度「島津賞」贈呈
2.内容 科学技術、主として科学計測に係る領域で、基礎的研究および応用・実用化研究において、著しい成果をあげた功労者を表彰する。
推薦依頼学会からの推薦による。
3.金額 1件 副賞として賞牌、賞金500万円を贈呈
4.締切り 2020年7月31日(消印有効)
5.詳細参照 https://www.shimadzu.co.jp/ssf/
1.タイトル 2020年度「島津奨励賞」贈呈
2.内容 科学技術、主として科学計測に係る領域で、基礎的研究および応用・実用化研究において独創的成果をあげ、かつその研究の発展が期待される研究者を表彰する。対象者は事業年度の公募開始時(2020年4月1日)において45歳以下。
推薦依頼学会からの推薦のほか、当財団理事・評議員・選考委員および過去20年間の島津賞受賞者からの推薦による。
3.金額 3件 副賞としてトロフィ、賞金100万円を贈呈
4.締切り 2020年7月31日(消印有効)
5.詳細参照 https://www.shimadzu.co.jp/ssf/
1.タイトル 2020年度「研究開発助成」の募集
2.内容 【対象の領域】
科学技術、主として科学計測に係る領域で、基礎的研究を対象とします。
【対象の分野】
2種類((1)と(2))の公募を行います。
(1)科学計測に係る領域全般:分野選択は自由
(2)科学計測に係る新分野:毎年当財団で決定
≪今年度の(2)「新分野」について≫
「高度情報処理を用いた科学計測の高度化」
【対象となる研究者】国内の研究機関に所属し、当財団の募集開始時点(2020.4.1現在)で45歳以下の新進気鋭の研究者を対象とします。ただし国籍は問いません。
3.金額 助成金総額総額2,300万円(1件あたり100万円)
(採択は、(1)領域全般を概ね20件、(2)新分野として最大3件を予定しています。)
4.締切り 2020年7月31日(消印有効)
5.詳細参照 https://www.shimadzu.co.jp/ssf/

⇒電気通信普及財団(電話:03-3580-3414)

1.タイトル 2020年度学術研究出版助成
2.内容 情報通信に関係する学術研究成果の書籍出版を助成する。学術研究対象:情報通信に関連する人文・社会科学分野、技術分野、両分野にわたる分野。大学、高等専門学校や学術研究機関に所属する研究者を対象。
3.金額 1件あたり最大200万円。2020年度総額600万円を予定
4.締切り 2020年6月15日
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/grant-c/04/
1.タイトル 電気通信普及財団賞 テレコム社会科学賞
2.内容 情報社会の進展や情報化が人間や社会に与える影響など、情報通信 と法律 、経済 、社会 、文化等 との関係等について、人文・社会科学的な観点から研究 したもので、原則 2019 年(2019.1.1)以降に出版された著作 、学術誌(academic journal)に発表又は掲載された研究論文等を対象とします。
3.金額 (1)入賞 5 件以内 (賞金各 100万円 )(2)奨励賞数件程度 (賞金各 50万円)
4.締切り 2020年9月30日
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/award/2020-36th-application.html
1.タイトル 電気通信普及財団賞 テレコムシステム技術賞電気通信普及財団賞 テレコムシステム技術賞
2.内容 情報社会の進展に貢献する情報通信技術の開発 、応用等について技術的 、工学的観点から研究 したもので、原則 2015 年(2015.1.1)以降に学術誌(academic journal)に発表又は掲載 された研究論文、出版 された著作等 、及び原則 2010年(2010.1.1)以降に情報通信に関する国際標準として採択されたもの、また、標準化の方向付けに貢献したものを対象とします。
3.金額 (1)入賞 5件以内 (賞金各 100万円 )(2)奨励賞数件程度 (賞金各 50万円)
4.締切り 2020年9月30日
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/award/2020-36th-application.html
1.タイトル 電気通信普及財団賞 テレコム社会科学学生賞
2.内容 大学の学部若 しくは大学院(修士課程又は博士課程)に在学中の方が、情報通信の普及 、発展 、振興について人文 ・社会科学の観点から在学中に行った研究に関する研究論文等を対象とします。
3.金額 (1)入賞 10件以内 (賞金各 50 万円)(2)佳作 5件以内 (賞金各 30万円 )
4.締切り 2020年9月30日
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/award/2020-36th-application.html
1.タイトル 電気通信普及財団賞 テレコムシステム技術学生賞
2.内容 大学の学部若 しくは大学院(修士課程又は博士課程)に在学中の方が、情報通信の普及 、発展 、振興について技術的 、工学的観点から在学中に行った研究に関する研究論文等を対象とします。
3.金額 (1)入賞 10件以内 (賞金各 50万円)(2)佳作 5件以内 (賞金各 30万円 )
4.締切り 2020年9月30日
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/award/2020-36th-application.html
1.タイトル 特別講義開設援助(2020年度募集)
2.内容 情報通信の普及、振興、発展に資するため、大学又は大学院において、情報通信に関する特別講義(人文・社会科学分野及び技術分野)を新たに開設するめの経費を援助する。
対象期間:原則、2020年度を開講初年度とする連続する 3年間又は隔年での3年間
3.金額 援助予定講義数 5件程度(1件当たり 1年100万円以下)
4.締切り 2020年6月30日
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/grant-b/03/
1.タイトル 長期海外研究援助(2020年度)
2.内容 援助対象:情報通信の普及、振興、発展に資するため、情報通信に関する研究(人文・社会科学分野及び技術分野)を行う研究者が、海外で長期間、優れた研究活動を実施するための経費の一部を援助する。
原則、2020年10月から 2021年9月末までに派遣開始
3.金額 援助の対象費用
(1)滞在費の一部(原則、1日 80米ドルを限度)→最大1年:29,200米ドル
(2)往復海外渡航費(エコノミークラス運賃)
3名程度
4.締切り 2020年6月30日
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/grant-b/01/
1.タイトル 2020年度海外渡航旅費援助
2.内容 情報通信の普及、振興発展に資するため、情報通信に関する研究(人文・社会科学分野及び技術分野)を行う研究者が、海外で開催される国際会議などで研究発表を行うための渡航費用の一部を援助する。
3.金額 地域別 援助金額上限 (単位;万円)欧州29、北米25、オーストラリア23、東南アジア19、中国17、韓国11等
4.締切り 通年で募集:6月、8月、10月、12月、2月の各1日までに、それぞれ翌月1日から6ヶ月先までに開催される学会への参加について申込みを受け付けます。
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/grant-b/02/
1.タイトル シンポジウム・セミナー等開催援助(学術分野)(2020年度5月期)
2.内容 援助対象:情報通信の研究、普及・振興に関して学術的に寄与する会議等(学術)
・2020年10月から 2021年9月までに開催するもの
3.金額 数件程度(1件当たり 100万円以下)数件程度(1件当たり 100万円以下)
4.締切り 2020年6月15日
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/grant-c/01/
1.タイトル シンポジウム・セミナー等開催援助(社会貢献分野)(2020年度5月期)
2.内容 援助対象:情報通信の普及、利活用の振興に社会的に寄与するシンポジウム・セミナー
・2020年10月から 2021年9月までに開催するもの
3.金額 数件程度(1件当たり 100万円以下)
4.締切り 2020年6月15日
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/grant-c/01/
1.タイトル 国際交流人材育成援助(2020年度)
2.内容 大学や高等専門学校による以下の活動を対象とする援助 (1)情報通信分野における開発途上国の人材育成を促進する活動プロジェクト (2)情報通信分野における国際交流を通じて、我が国の情報通信分野における人材育成を促進する活動プロジェクト
3.金額 数件程度(1件当たり 200万円以下)
4.締切り 2020年6月15日
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/grant-c/02/
1.タイトル ネット社会課題対応援助(2020年度)
2.内容 大学や高等専門学校による以下の活動を対象とする援助 (1)情報社会の進展に伴い生じている社会的な課題に取り組む活動プロジェクト (2)地域や社会の課題の解決に貢献するため、情報通信の利用を適切に組み合わせつつ、社会的な課題に取り組む活動プロジェクト
3.金額 (1)と(2)を合わせて数件程度(1件当たり 200万円以下)
4.締切り 2020年6月15日
5.詳細参照 https://www.taf.or.jp/grant-c/03/

⇒東京財団政策研究所(電話:03-5797-8402)

1.タイトル 東京財団政策研究フェローシップ
2.内容 政策研究を志す、優秀な若手研究者に、5年間という長期にわたり、財政的支援に加え、当研究所で政策研究の基礎力を磨く機会を提供します。
対象分野は、経済学、政治学、社会心理学、統計学、社会学などの社会科学、および情報学(特にデータマイニング、ビッグデータ分析・活用などのデータサイエンス関連分野)などにおいて、当研究所の政策研究に密接に関連した分野。
3.金額 月額40万円と年間研究費20万円を5年間給付。
4.締切り 2020年8月21日(金)当研究所必着
5.詳細参照 https://www.tkfd.or.jp/about/fellowship/

⇒日本証券奨学財団(電話:03-3664-7113)

1.タイトル 研究調査助成
2.内容 学術の研究に従事している者に対し、その研究調査を奨励し、学術の振興を図り、もって社会の発展と福祉に寄与することを目的として給付する。助成対象者は、大学又は研究機関等において学術の研究調査に従事している55歳(本年4月1日現在)以下の研究者(グループ研究の場合は複数の研究機関にまたがってよい)とする。助成対象分野は、社会科学の各分野とする。
3.金額 1件当たり100万円程度(1万円単位)とする(助成金総額:1,000万円)
4.締切り 6月10日(必着)(応募受付は4月1日から)
5.詳細参照 https://jssf.or.jp/researchgrant.html
1.タイトル 研究出版助成
2.内容 学術の研究に従事している者に対し、その研究調査成果の公表等に係る出版費用の助成を行い、学術の振興を図り、もって社会の発展と福祉に寄与することを目的として給付する。助成対象者は、大学又は研究機関等において学術の研究調査に従事している55歳(本年4月1日現在)以下の研究者(グループ研究の場合は複数の研究機関にまたがってよい)とする。助成対象分野は、社会科学の各分野とする。
3.金額 1件当たり50万円から100万円程度(1万円単位)とする(助成金総額:500万円)
4.締切り 6月10日(必着)(応募受付は4月1日から)
5.詳細参照 https://jssf.or.jp/researchpublication.html

⇒芳心会(電話:03-6261-4552)

1.タイトル 団体助成事業
2.内容 次の各項目に該当する事業を行う団体又はその活動を支援する団体 (1)科学技術・学問の振興 (2)教育施設の整備又は教育従事者の採用・育成 (3)社会福祉又は障害者福祉活動 (4)医療施設の整備又は医療活動従事者の採用・育成 (5)健康増進・体力増強活動 (6)スポーツの振興(施設整備、競技者育成等) (7)伝統芸能・工芸・技術の保存 (8)芸術の振興 (9)道徳思想の普及活動 (10)その他、公益に資する活動。
3.金額 30件 100万円/件 総額3,000万円
4.締切り 2020年6月30日(火)
5.詳細参照 https://houshin-kai.or.jp/

⇒ポリウレタン国際技術振興財団(電話:050-3135-8998)

1.タイトル 第6回(令和2年度)研究助成
2.内容 ポリウレタンを主体とする高分子化学及びこれと関連する分野の基礎研究、応用研究及び開発研究並びに化学、物理、機械、電気などの学際的研究を対象とし、ポリウレタン技術の発展および環境に優しい研究開発等に貢献している、貢献していると判断されている大学、研究所、個人等の研究機関に対して助成します。
3.金額 6件程度、1研究開発当たり100万円、合計600万円
4.締切り 2020年9月30日 17時 必着
5.詳細参照 http://www.pu-zaidan.jp/guide.html

⇒三井住友海上福祉財団(電話:03-3259-1609)

1.タイトル 研究助成
2.内容 (1)交通事故又は各種災害の防止(交通環境、車両工学、被害軽減、安全教育、被害者に対する医療など)に関する研究
(2)高齢者の福祉(医療,介護,予防、心理、環境など)に関する研究
3.金額 1件あたり上限200万円、総額 (1)950万円 (2)2,300万円
4.締切り 6月末必着(応募受付は4月1日(水)から)
5.詳細参照 https://www.ms-ins.com/welfare/
1.タイトル 著作・論文表彰(財団賞・財団奨励賞)
2.内容 (1)交通事故又は各種災害の防止、被害軽減、被害者に対する医療、安全教育等
(2)高齢者に関する医療、介護、予防、心理、環境等に関し、2018年4月~2020年3月の2年間に発表された著作・論文を対象
3.金額 財団賞:副賞50万円 財団奨励賞:副賞30万円(あらかじめ件数は定めない)
4.締切り 6月末必着(応募受付は4月1日(水)から)
5.詳細参照 https://www.ms-ins.com/welfare/

⇒Yahoo!基金

1.タイトル 新型コロナウイルス感染症『医療崩壊』防止活動支援プログラム
2.内容 (1)医療従事者支援
新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、患者の対応を行う医療従事者や軽症患者の受入先で従事する方々を支えるために取り組むことや医療現場での個別のニーズをサポートするために非営利団体からの市民活動を支援します。
(2)感染防止活動支援
臨時休校や図書館・児童館の利用も中止となり、子どもたちの学習面へおよぼす影響も懸念されています。オンラインへの移行が進められる中、オンライン学習に対応できず、教育格差が生じてしまうことや各種サービスへのアクセスができず、医療・情報格差が生じてしまうことを防ぐ活動を支援します。また、オンラインでの情報を提供できる環境を早期に整えるため、コンテンツの制作などオンラインへの移行を支援します。
3.金額 助成総額1,000万円まで採択
1団体あたりの助成額上限100万円
4.締切り 助成は、隔週毎に応募を締め切り、審査〜助成決定を行います。
【第1回】応募受付:4/28(火)〜5/15(金) 助成金振込予定:5/29(金)
【第2回】応募受付:5/16(土)〜5/31(日) 助成金振込予定:6/15(月)
【第3回】応募受付:6/01(月)〜6/15(月) 助成金振込予定:6/30(火)
【第4回】応募受付:6/16(火)〜6/30(火) 助成金振込予定:7/15(水)
5.詳細参照 https://kikin.yahoo.co.jp/support/covid.html

⇒YS市庭コミュニティー財団(電話:03-5770-8822)

1.タイトル 市民社会のコミュニティーを再生・進化・発展に寄与する事業
2.内容 助成対象の分野は、地域と暮らし・環境・文化・芸術・スポーツなど広く含むこととし、活動内容は、下記の共鳴するコミュニティーづくりを行うNPO法人、団体等によるコミュニティー活動とします。
  1)コミュニティー振興及びまちづくりに関する事業
  2)社会教育及び文化・スポーツに関する事業
  3)その他この法人の目的を達成するために必要な事業
今年度は新型コロナウイルス病禍により影響を受けた地域コミュニティーの修復を促す等のNPO/団体の活動方策を重点的に配慮して選考をすすめることにします。
3.金額 20~30件程度 総額1,500万円
4.締切り 7月31日(当日消印有効)
5.詳細参照 http://ys-ichiba.org/

上記の最新情報と、助成財団センターのデータベースから6月より一般公募を開始した助成プログラムの一覧を掲載いたします。
下記には応募期間や内容が変更になるケースもありますので、必ず当該財団のホームページで最新の情報を確認してください。なおホームページを最新の内容に変更するのが遅れる財団もありますので、年度の表示等にもご注意ください。

財団名 助成内容 ホームページアドレス(電話)
旭硝子財団 1.研究奨励(自然科学系)、2.若手継続グラント、3.ステップアップ助成、4.サステイナブルな未来への研究助成 https://www.af-info.or.jp/
伊藤国際教育交流財団 1.日本人奨学金制度 http://www.itofound.or.jp
岩谷直治記念財団 1.岩谷科学技術研究助成、2.岩谷直治記念賞 http://www.iwatani-foundation.or.jp
上原記念生命科学財団 1.特定研究助成金、2.研究助成金、3.研究奨励金、4.研究推進特別奨励金、5.上原賞、6.海外留学助成金(リサーチフェローシップ)、7.海外留学助成金(ポストドクトラルフェローシップ)、8.来日研究生助成金、9.国際シンポジウム開催助成金 http://www.ueharazaidan.or.jp
MSD生命科学財団 1.Lectureship Award MBLA / Chemist Award BCA https://www.msd-life-science-foundation.or.jp/
小笠原科学技術振興財団 1.国際交流(出張)助成、2.インキュベーション・ベンチャー助成 http://ogasawarazaidan.or.jp
小野医学研究財団 1.小野医学研究助成、2.小野医学研究奨励助成、3.早石修記念賞 http://www.ono.co.jp/jp/zaidan/
かなえ医薬振興財団 1.研究助成金、2.海外留学助成金 http://www.kanae-zaidan.com
金原一郎記念医学医療振興財団 1.基礎医学医療研究助成金(一般) http://www.kanehara-zaidan.or.jp/
かめのり財団 1.かめのり賞 http://www.kamenori.jp/
神澤医学研究振興財団 1.神澤医学賞、2.研究助成、3.海外留学助成 https://www.kissei.co.jp/fund/fund.htm
倶進会 1.一般助成(事業・活動) http://www.gushinkai.com/
国際医学研究振興財団 1.国際シンポジウム助成 http://ifpmr.or.jp/
小林製薬青い鳥財団 1.助成事業、2.小林製薬青い鳥財団賞 http://www.kobayashi-foundation.or.jp
小柳財団 1.研究助成 https://koyanagi-zaidan.com
清水基金 1.社会福祉法人助成事業、2.海外研修助成事業 https://www.shimizu-kikin.or.jp/
車両競技公益資金記念財団 1.高齢者、障害者等の支援を目的とするボランティア活動に対する助成事業 http://www.vecof.or.jp/
スズキ財団 1.科学技術研究助成 http://www.suzukifound.jp
生協総合研究所 1.生協総研賞 助成事業 http://www.ccij.jp/
SOMPO福祉財団 1.社会福祉助成 https://www.sompo-wf.org/
高松宮妃癌研究基金 1.研究助成金の贈呈、2.高松宮妃癌研究基金学術賞の贈呈 http://www.ptcrf.or.jp
武田科学振興財団 1.シンポジウムポスター褒賞 https://www.takeda-sci.or.jp/
東電記念財団 1.国際技術交流援助 https://www.tmf-zaidan.or.jp/
東レ科学振興会 1.東レ科学技術研究助成、2.東レ科学技術賞 https://www.toray-sf.or.jp/
中谷医工計測技術振興財団 1.表彰、2.技術開発研究助成 https://www.nakatani-foundation.jp
日産財団 1.日産財団 リカジョ賞 http://www.nissan-zaidan.or.jp
日本NPOセンター 1.東日本大震災現地NPO応援基金 http://www.jnpoc.ne.jp/
博報堂教育財団(博報財団) 1.国際日本研究フェローシップ、2.世界の子ども日本語ネットワーク推進〈日本児童海外体験プログラム〉 https://www.hakuhodofoundation.or.jp/
発酵研究所 1.寄付講座助成事業 http://www.ifo.or.jp
母子健康協会 1.小児医学研究助成 https://www.glico.co.jp/boshi/
本田財団 1.Y-E-S奨励賞 http://www.hondafoundation.jp
松下幸之助記念志財団 1.日本人留学に対する助成 http://matsushita-konosuke-zaidan.or.jp/
みずほ学術振興財団 1.懸賞論文募集 https://www.mizuho-fg.co.jp/csr/local/foundation/promotion.html
未来教育研究所 1.研究助成 http://www.mirai-kyoiku.or.jp
矢崎科学技術振興記念財団 1.研究助成(一般研究助成)、2.研究助成(奨励研究助成)、3.矢崎学術賞 http://www.yazaki-found.jp/
ヤンマー資源循環支援機構 1.助成事業 http://www.yanmar.com/jp/shigenjunkan/
りそなアジア・オセアニア財団 1.調査研究助成、2.国際学術交流助成、3.出版助成、4.環境プロジェクト助成 http://www.resona-ao.or.jp/
臨床薬理研究振興財団 1.研究奨励金、2.海外留学助成金 https://www.rinyaku-fdn.or.jp/