助成金募集ニュース

洲崎福祉財団(電話:03-6870-2019)

1.タイトル 令和元年度 継続助成の募集
2.内容 中長期的視点において、より多くの障害児‣者のQOL向上に寄与する事業への助成
●応募地域  東京・神奈川・千葉・埼玉
●事業テーマ A:既存福祉サービスの強化
       B:新規福祉サービスの創造
●対象事業   1年以上3年以内に終了する事業
●事業期間  令和2年6月~令和5年5月
●対象団体  首都圏に拠点がある非営利法人
3.金額 総額5000万円
年間1件あたりの上限1000万円(下限200万円)
4.締切り 令和2年1月18日(消印)
5.詳細参照 http://www.swf.or.jp/

⇒中央共同募金会(電話:03-3501-9112)

1.タイトル 「赤い羽根福祉基金」第5回(2020年度)助成
2.内容 全国で共通する生活課題や福祉課題の解決に向けて取り組む事業に対して、制度対象外のニーズや、将来にむけて今取り組むべき課題への対応、新たな社会資源の創出、ニーズに即した分野を超えたもの、全国的・広域的な広がりが期待されるもの、複数の団体・関係機関と連携、協働する事業・活動(*1)に対して、対象部門(*2)に該当する事業への助成。
(*1)①支援事業・活動 ②活動の基盤づくり、ネットワークづくり ③調査・研究事業
(*2)①子ども家庭支援部門 ②高齢者支援部門 ③障がい児・者支援部門 ④災害関連部門
⑤地域福祉部門
※特に、従来にない発想や視点、異分野との連携、社会や当事者のニーズに立った事業や、社会的に認知や理解が進んでいないテーマに関する事業の応募に期待します。

3.金額 年間助成上限額1,000万円
4.締切り 2020年1月17日(金) ※本会必着
5.詳細参照 https://www.akaihane.or.jp/news/kikin/8930/

⇒日産財団(電話:045-620-9780)

1.タイトル 第3回リカジョ賞
2.内容 (1)募集対象:女子小学生・中学生を対象に、理系分野への興味・関心の向上を目的とした活動
(2)対象となる取組実績:全国の国・公・私立の小学校と中学校、博物館などの教育施設において、次のような取組を通じて女子児童・生徒の理科への興味・関心を顕著に高めたと認められる実績
※他コンテストの研究内容との重複も可
3.金額 リカジョ賞  グランプリ:1件 賞状、副賞20万円
      準グランプリ:2~3件 賞状、副賞10万円
4.締切り 2020年2月28日(金)
5.詳細参照 https://www.nissan-zaidan.or.jp/programs/rikajo/

⇒福武教育文化振興財団(電話:086-221-5254)

1.タイトル 教育文化活動助成
2.内容 助成対象となる活動は、
1.教育及び文化芸術による地域社会の課題解決や社会的価値の創造に取り組む活動
2.教育及び文化芸術による次世代育成に取り組む活動
3.教育の質の向上や普及に取り組む活動
4.文化芸術の質の向上や普及に取り組む活動
応募資格は、岡山県内で上記の助成対象となる教育文化活動を行っている団体・個人。
3.金額 1件当たりの上限30万円
4.締切り 2020年1月31日(金)必着
5.詳細参照 http://www.fukutake.or.jp/ec/josei.html

⇒三島海雲記念財団(電話:03-5422-9898)

1.タイトル 2020年度学術研究奨励金
2.内容 自然科学と人文科学の学術研究において、将来の発展が期待できる優れた研究を支援することを目的としています。
1)対象分野
(1)自然科学部門:食の科学に関する研究
(2)人文科学部門:アジア地域を対象とした、史学・哲学・文学を中心とする人文社会科学分野における学術研究(但し、日本を中心とする研究は除く)
2)助成の種類
(1)個人研究奨励金
(2)共同研究奨励金
3.金額 1)個人研究奨励金:1件当たり100万円、両部門計60件程度
2)共同研究奨励金:1件当たり200~500万円、両部門計3~5件程度
4.締切り 2020年2月28日(必着)
5.詳細参照 https://www.mishima-kaiun.or.jp/assist/

⇒メルコ学術振興財団(電話:052-249-8421)

1.タイトル 研究助成
2.内容 <助成対象分野>
 日本企業で実践されている優れた管理会計実務の定式化又は理論化に関する研究ならびにそれらを含む周辺領域に関する研究。特に管理会計技法、管理会計システム、事業承継システム、およびそれに関連する管理システムを対象とする研究。
1.研究助成A(研究者・博士後期課程大学院生)
・研究者・博士後期課程大学院生が、一人又はグループで行う独創的・先駆的な研究
2.研究助成B(博士後期課程大学院生)
・博士後期課程大学院生が一人で行う独創的・先駆的な研究
3.挑戦的萌芽研究助成1(研究者・博士後期課程大学院生)
・助成対象分野において、これまでの学術の体系や方向を大きく変革・転換させることを志向し、飛躍的に発展する潜在性を有する、探索的性質の強い、あるいは芽生え期の研究
3.金額 1.研究助成A:1件30万円~200 万円程度、助成件数10件程度
研究助成B: 一人毎年60万円程度×3年間、助成件数若干名
3.挑戦的萌芽研究助成1:1件30~200万円程度、助成件数 若干名
助成金額は総額 450 万円程度
4.締切り 2020年1月30日(木)必着
5.詳細参照 http://melco-foundation.jp/apply/research/5276/
1.タイトル 国際研究助成
2.内容 <助成対象>
 管理会計学の研究を促進するための次に該当する国際研究交流。
(ア)大学院生学会派遣:海外で開催される学会への大学院博士前期課程及び
   博士後期課程に在学する大学院生の派遣。(最大年4回募集)
(イ)学会報告派遣:海外で開催される学会またはワークショップ等
  (博士後期課程院生・若手研究者用のものを含む)への派遣。(最大年4回募集)
(ウ)短期派遣 :海外における大学等の研究機関への派遣。
(エ)中期派遣 :海外における大学等の研究機関への派遣。
(オ)招聘 :海外の研究機関に所属する優れた研究者の国内への招聘。
3.金額 (ア)大学院生学会派遣(1 週間以内)は 1 件 20 万円程度、助成件数 5 件程度。
(イ)学会報告派遣(1 週間以内)は 1 件 30 万円程度、助成件数 4 件程度。
(ウ)短期派遣(3 カ月以内)は 1 件 50 万円以下、助成件数 若干名。
(エ)中期派遣(4 ヵ月~24 ヵ月)は 1 件 10 万円/月、助成件数 若干名。
(派遣開始月までに派遣月数分の助成金を一括して授与します。)
(オ)招聘は、1 件 50 万円以下、助成件数 若干名。
(カ)助成金額は総額 400 万円程度で、渡航費(往復)及び滞在費の一部を援助します。
4.締切り 2020年1月30日(木)必着
5.詳細参照 http://melco-foundation.jp/apply/research/5277/
1.タイトル 出版助成
2.内容 <助成対象>
 管理会計学及び関連領域の研究成果の出版。この出版には優れた翻訳書も含みます。
 原則として,採択された研究成果は,本財団の研究叢書として出版社から公刊します。
3.金額 1件150万円を限度とし、総額150万円以内、助成件数 若干名。
4.締切り 2020年1月30日(木)必着
5.詳細参照 http://melco-foundation.jp/apply/research/5278/

⇒山田科学振興財団(電話:06-6758-3745)

1.タイトル 2020年度 研究援助
2.内容 本財団は自然科学の基礎的研究に対して、研究費の援助を致します。実用指向研究は援助の対象としません。 推薦に際しては、次記を考慮して下さい。
1) 萌芽的・独創的研究
2) 新規研究グループで実施される研究
3) 学際性、国際性の観点からみて優れた研究
4) 国際協力研究
 ※評価が定着して研究資金が得やすいものより、萌芽的で将来の発展が期待される基礎研究の計画を重視します。
3.金額 1件当たり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度(予定)
4.締切り 2020年2月28日(金)必着
5.詳細参照 http://www.yamadazaidan.jp/

上記の最新情報と、助成財団センターのデータベースから1月より一般公募を開始した助成プログラムの一覧を掲載いたします。
下記には応募期間や内容が変更になるケースもありますので、必ず当該財団のホームページで最新の情報を確認してください。なおホームページを最新の内容に変更するのが遅れる財団もありますので、年度の表示等にもご注意ください。

財団名 助成内容 ホームページアドレス(電話)
旭硝子財団 1.奨学金(日本人学生対象)、2.奨学金(外国人留学生対象) https://www.af-info.or.jp/
味の素奨学会 1.給与奨学金-アセアン留学生向け https://ajischolarship.com/
飯田エレクトロニクス協会 1.社会貢献事業 TEL:03-3257-1321
NEC C&C財団 1.国際会議論文発表者助成 http://www.candc.or.jp/
大川情報通信基金 1.大川賞、2.大川出版賞、3.研究助成(国内)、4研究助成(海外) http://www.okawa-foundation.or.jp/
加藤記念バイオサイエンス振興財団 1.加藤記念国際交流助成 https://www.katokinen.or.jp
川野小児医学奨学財団 1.川野正登記念奨学金給付 http://www.kawanozaidan.or.jp
工作機械技術振興財団 1.表彰事業 http://www.kousakukikai-zaidan.or.jp
サントリー文化財団 1.サントリー地域文化賞 http://www.suntory.co.jp/sfnd
洲崎福祉財団 1.助成事業 http://www.swf.or.jp/
スペイン舞踊振興MARUWA財団 1.スペイン舞踊、音楽の振興、普及を目指した芸術活動助成事業 http://www.mwf.or.jp
第一三共生命科学研究振興財団 1.PIセットアップ研究助成(隔年実施) http://www.ds-fdn.or.jp
大樹生命厚生財団 1.特定研究助成 http://www.kousei-zigyodan.or.jp/
武田科学振興財団 1.実践研究助成、2.生命科学研究助成、3.ビジョナリーリサーチ助成、4.ライフサイエンス研究助成、5.医学系研究助成、6.薬学系研究助成、7.研究会等の開催支援、8.杏雨書屋研究助成、9.中学校・高等学校理科教育振興助成 https://www.takeda-sci.or.jp/
東京海上各務記念財団 1.奨学金助成、2.ASEAN留学生奨学金助成 http://www.kagami-f.or.jp/
中山隼雄科学技術文化財団 1.国際交流の助成 http://www.nakayama-zaidan.or.jp/
日本音楽財団 1.助成事業 http://www.nmf.or.jp
博報堂教育財団(博報財団) 1.世界の子ども日本語ネットワーク推進〈海外児童日本体験プログラム〉、2.世界の子ども日本語ネットワーク推進〈海外教師日本研修〉 http://www.hakuhofoundation.or.jp/
双葉電子記念財団 1.青少年創造性開発育成 http://futaba-zaidan.org
丸文財団 1.国際交流助成 http://www.marubun-zaidan.jp
みずほ教育福祉財団 1.「へき地教育」助成(交流学習研究助成)、2.「へき地教育」助成(自由研究助成)、3.「特別支援教育」助成(研究助成) http://www.mizuho-ewf.or.jp
三菱財団 1.自然科学研究助成(一般助成)、2.自然科学研究助成(若手助成) http://www.mitsubishi-zaidan.jp