助成財団センターについて -沿革

助成財団センターの歴史

1985年 11月、任意団体「助成財団資料センター」として設立。
1986年 5月、雑誌『助成財団』創刊
11月、「会員の集い」開催
1987年 5月、『助成団体要覧 1988年』創刊
1988年 4月、総理大臣の認可を受け「財団法人 助成財団資料センター」として設立。
8月、助成団体データベース調査表発送
10月、「助成活動情報整備基金」について、大蔵省から指定寄付金の指定、募金開始
1992年 5月、DIRECTORY OF GRANT-MAKING FOUNDATIONS IN JAPAN」発行。
1995年 4月、「JFC VIEWS」 創刊。
4月、『助成財団 募集要覧』(雑誌『助成財団』を改編)創刊
10月、『助成財団 決定要覧』(雑誌『助成財団』を改編)創刊
1996年 7月、総理大臣の認可を受け名称を「財団法人 助成財団センター」に変更。
2004年 2月、『助成財団 研究者のための助成金応募ガイド』(『助成財団 募集要覧』を改編)創刊
3月、『助成財団 NPO・市民活動のための助成金応募ガイド』(『助成財団 募集要覧』を改編)創刊
2007年 10月、『民間助成イノベーション-制度改革後の助成財団のビジョン-』を刊行。
2009年 9月、内閣府の認定を受け「公益財団法人 助成財団センター」に移行。

以下に詳細な年表(2005年まで)を掲載します。

(年表 PDF:805KB)

また、1985年から2002年までの歴史をプログラム・アドバイザーの久須美が試論としてまとめました。個人の立場で書いたものであり、必ずしも十分な内容ではありませんが、将来の正史編纂のためのたたき台として掲載します。

(PDF文書:258KB)