助成財団フォーラム

助成財団フォーラム

本年度は、公益法人制度改革から10年の大きな節目を迎え、信頼される助成財団として、より良き活動を持続していく観点から、これまでの振り返りと今後に向けたあり方を深く考える機会とすべく、「公益法人制度改革は助成財団に何をもたらしたか?-実態調査から見る成果と課題、今後に向けての提言―」と題するフォーラムを開催することにいたしました。

開催に当たりましては、当センターが皆さまのご協力を得て、昨年秋より実施してきた「公益法人制度改革10周年特別プロジェクト」によるアンケート調査や個別財団へのインタビュー結果から見えてきた現在の公益法人制度の優れた点や実務上の課題等を報告するとともに、今後のより良い制度に向けた提言等を行いたいと存じます。

また、上記フォーラムの後には懇親会を開催、助成財団同士だけではなく、関係者の情報交換、ネットワーク作りに役立てていただきます。

2018年度助成財団フォーラム(2019.2.8開催)

『公益法人制度改革は助成財団に何をもたらしたか?
    = 実態調査から見る成果と課題、今後に向けての提言 =』

日 時                                      
2月8日(木)13時00分~17時55分(受付開始は12時30分から)
場 所
大手町ファースト スクエア カンファレンス「イーストタワー」
東京都千代田区大手町1-5-1 ファーストスクエア Tel 03-5220-1001〈地図

来賓ご挨拶・特別講演
「新公益法人制度改革10年間の振返り=公益法人制度の更なる進展・民間公益活動の活性化に向けて=」(仮題)
講師:内閣府 公益認定等委員会事務局 局長   山内 達矢 様
   内閣府 公益認定等委員会事務局 総務課長 小林 明生 様
第1部:10周年特別プロジェクト(特別PT)による調査報告
基調報告「調査の経過と成果の概要および提言」
蓑 康久   調査検討委員会 座長(住友財団 常務理事)
神山 和也  調査検討委員会 専門委員(助成財団センター 参与)
コメント1  石川 睦夫 様(特別PTアドバイザー、公益法人制度改革に関する有識者会議メンバー、
             元 住友財団 専務理事)
コメント2  雨宮 孝子 様(特別PTアドバイザー、公益法人協会 理事長、元 公益認定等委員会 委員長代理)
第2部:制度改革が組織や事業の運営にもたらした影響と課題 ―実践事例から―
司会:中島 智人  調査検討委員会 専門委員・産業能率大学経営学部 教授
   水谷 衣里  調査検討委員会 専門委員・株式会社 風とつばさ 代表取締役
報告1 公益財団法人 渥美国際交流財団(移行公益財団法人)
    常務理事 今西 淳子 様
報告2 一般財団法人 ハウジング アンド コミュニティ財団(移行一般財団法人)
    専務理事 松本  昭 様
報告3 公益財団法人 パブリックリソース財団(新設公益財団法人)
    専務理事 岸本 幸子 様
報告4 一般財団法人 キヤノン財団 (新設一般財団法人)
    事務局長 星野 哲郎 様
報告5 「関西フォーラム」の報告事例から
    公益財団法人 サントリー文化財団 顧問・上席研究フェロー 今井 渉 様
第3部:より良い制度と民間らしい助成活動の実現に向けて ―質疑と意見交換
〔第1部・2部〕についての質問/意見票による質疑と意見交換
司会: 渡辺 元 調査検討委員会 事務局 助成財団センター 事務局長
提言および閉会挨拶
山岡 義典 助成財団センター 理事長
交流会
会 費
【フォーラム参加費】 会員1名につき   7,000 円
           非会員1名につき 10,000 円
【交流会参加費】   お一人 4,000円 (一般および会員とも)

開催趣旨・プログラム詳細

過去5年間の「助成財団フォーラム」「助成財団の集い」の案内・プログラム(PDF)