助成財団センターについて -職員募集

◇ 職員募集のご案内

助成財団センターでは、助成財団と共に民間助成活動を支えてその振興に努め、助成財団界全体の発展のために創意工夫をし、実行力と責任感を持って仕事を行っていただける仲間を募集します。 
 

【助成財団センターとは】
    当センターは、研究者やNPO活動への助成、優れた業績への表彰、奨学金の貸与・給付等の事業を行う、助成財団(環境系の約50財団・団体を含む、公益財団法人・一般財団法人及びその他の団体等1,501団体のデータベースを保有)に関する中間支援組織です。
    具体的には、次のA~Cの事業を通して、助成財団の活動について一般社会の理解の増進に努め、その存在意義を高めることで、助成財団界全体の発展に資することを目指しています。

  • A.助成財団に関する情報の収集・整備及び提供・閲覧事業
  • 1,501団体の助成事業に関する情報を収集・整備することで、助成団体に関する我が国で唯一のデータベースを構築し、社会一般の利用に提供しています。[2019年度 WEBサイト訪問者数49万件、ヒット数1,705万ページ] 創設時からのミッションである、助成する側と受ける側を繋ぐ事業として、助成金に関する情報を収集・整備して必要とする方々へ、(WEBサイトや出版物による)分かり易く適確な情報提供とともに助成金に関する相談対応等に注力しています。

  • B.助成財団の支援及び研修事業
  • 助成財団の運営や助成事業(プログラム)に関する相談等への支援対応をおこなっています。
    各財団のプログラムオフィサーの育成・キャパシティビルディングを支援する各種のWEBセミナー・研修会を開催しており、その参加者は延450名超となっています。

  • C.助成財団に関する調査研究・提言事業、助成財団活動に関する普及啓発事業
  • 助成財団としてこれからの目指すべき方向や新たな助成の手法等に関する提言をおこなうとともに、助成財団の事業活動について社会の理解を深める活動に取組んでいます。

- 募集内容 -

【職務内容】
・キャパシティビルディングとしての研修・セミナー、フォーラム等の企画・運営担当職員
・広報(出版物・メルマガ・SNS編集)サブ担当職員
【応募要件】
・社会貢献活動に興味がある。(非営利セクターでの職務経験があれば尚可)
・ITに興味がある。(下記1~4の知識があれば尚可)
・PC操作(MS・officeソフトが使える、キーボードを使ってのデータ入力)が出来る。
1.SNS(Facebook、Twitter)のアカウントを作成して情報発信することが出来る。
2.WORDPRESSを使ってサイトを立ち上げたことがある。
3.WEB・カメラ・動画編集、YOUTUBEなどの経験がある。
4.Office365、googleのクラウドサービスを理解し使うことが出来る。
【基本的な労働条件】
<雇用形態>
契約職員(週3回程度の出勤)
※職務評価により、職員登用も可能です。(将来は、企画・運営担当として、活躍していただける方を期待しています。)
<勤務時間>
原則として月曜日から金曜日までの10:00~16:00
※ 当センターのテレワーク環境は確立していますので、状況によってはテレワークの対応も可能です。
<給与>
当センター規定により支給(社会保険完備)

【採用人数】1名
【選考方法】書類審査 ⇒ 面接 にて選考いたします。

まずは、「お申込フォーム」よりご応募ください。
履歴書・職務経歴書のご送付方法に関しまして、近日中にお電話もしくはメールにてご連絡いたします。

◇ 2021年度 大学生・大学院生の公益事業体験アルバイトのご案内

公益財団法人 助成財団センターは、大学生・大学院生の方が、10~12ヶ月間、当センターの公益事業に携わる、『2021年度大学生・大学院生の公益事業体験アルバイト』を募集します。対象となる大学生・大学院生の皆さまにご案内いただけますと幸いです。

【詳細】
http://www.jfc.or.jp/wp-content/uploads/2021/JFC_Arbeit_2021.pdf
【お問合せ先】
助成財団センター 花崎/両角
TEL:03-3350-1857 MAIL:office@jfc.or.jp